こどものためのお金の教室

こんにちは、横山です!

本日、こどもトラストセミナーで、お金の教室『かきくけコモンズ』~冬休み特別出張授業~を東京目白の学童で実施してきました。

お金の教室『かきくけコモンズ』が誕生して丸2年。のべ100名以上のこどもたちとお金の勉強を続けてきました。

さて、今日のお金の教室は
①お金を得ること(なぜお金を得ることができるのか)
②お金を使うこと(どのようにお金を使うのがよいか)
の二本立てです。ゲームやワークを織り交ぜながら身近な例を使って話をしていきます。

さて、みなさんならどんな風に説明しますか?

私はこんな風に話してみましました。

①お金を得る
お金は「ありがとう」と引き換えに受け取ることができます。お父さんお母さんが会社からお給料をもらうのも会社やお客さんから「ありがとう」と感謝されたからです。
みんなもたくさんありがとうと言われる人になろう。”お金持ち”は”ありがとう持ち”です。

②お金を使う
お金は「うれしい」きもちと交換するものです。自分と(自分と同じように人のことも)「うれしい」きもちにできるお金の使い方をしましょう。
お金には4つの使い方があります。
「使う(つかう)」「貯める(ためる)」「殖やす(ふやす)」「寄付する(ぼきん)」です。※

※この教室はハッピー・マネー四分法の考え方をベースにして作成しています。

「使う」「貯める」はこどもたちにも説明は難しくないです。
「ふやす」はどうやって説明しましょう?

私はこんな風に話してみましました。

*お金をふやす
お金は「成長するもの」にかえておくとふえます。植物や人や会社を例にして情熱や愛情や時間をかけて育てていくと大きく成長します。成長して価値が上がるということです。これを投資といいます。

成長するものって?という問いかけに小1の女の子から「わたし!」という答えが返ってきました!

(思わず「WOW!」と口から出ましたが、、)そう!そのとおり!あなたもこれから大きく成長します。勉強したり旅行に行ったり学校に通ったりしてどんどん素敵な女性になって大活躍するでしょう。世の中にたくさん貢献するでしょう!
(だからたくさん自己投資したらいいよ!)こういうのが本当に楽しみです^^

今年も一年、たくさんのこどもたちとお金について学びました。

お金は、夢の実現にも、生きていくのにも必要なこと。だからちゃんと向き合いたいです。
働くことを好きになってほしいし、自分や人をうれしいきもちにできることにしっかり使えるようになってほしいと思います。

伝える大人がそうでないといけません。