【出張レポート】半導体の都・熊本

コモンズ投信運用部の奥です。

3月7日に東京エレクトロン九州の合志工場へ見学に行ってきました。


半導体はいま世界で最も注目を集めているテーマの一つです。生成AI(人工知能)や自動運転などの最先端IT(情報技術)はアメリカが先行していますが、それを支える半導体の製造装置や素材の産業は日本が強いです。その強みと、コロナによる供給網混乱の教訓、中国の侵攻リスクなどから、半導体そのものの製造で圧倒的地位を築いている台湾企業TSMCの製造拠点の分散先として日本が選ばれており、特にTSMCが工場を構えた熊本は沸きに沸いています。その工場近くには、ソニーの画像センサー工場、東京エレクトロンの半導体製造装置工場、公立の技術者養成学校などが固まっています。スマホやEV(電気自動車)などに欠かせないエリアと言えるでしょう。

(TSMC 熊本第1工場)
(ソニー 熊本工場)

東京エレクトロンの工場と地域の様子を確認すべく、伊井・末山・原嶋・奥の4名で出張してきました。複数名で見学に行くのは“復活”といえるほど、久しぶりのようです。私が入社してからは初めてです。

工場は丘の上にありました。水害はもちろんのこと、丘陵地は比較的地盤が安定している傾向があるとされるので、地震にもある程度対応できそうです。

工場見学は、説明会ののちトレーニングセンターを見て回り、最後に質疑応答という運びでした。少し驚いたのは、同じ時間に見学していたのがほとんど外国(特に中国・台湾系)の投資家だったことで、見学予定時間を1時間超過するほどの熱の入りようでした。台湾の投資家向け説明会では100名を超える参加があったとのこと、さすがの関心の高さです。

トレーニングセンターには歴代の製造装置が並べられており、進化の軌跡が分かるようになっています。昔はウェハーの大型化に合わせて製造装置も大型化させて対応していましたが、新しい世代になるほど同時処理能力と省資源化が進んでいます。機械を縦長にして同時に洗浄などの処理をすることで、工場面積当たりと時間当たりの生産性が向上しており、さらに薬液の必要投入量を減少させることで、ユーザー側の変動費(製造量を増やした時に増えるコスト)を抑えられます。処理回数などに応じて様々なグレードが用意されており、投入する材料費に相当の差異が生じるようです。

製造できる半導体の品質はもちろんですが、生産ラインを止めない信頼をベースに顧客の生産性も高めてきたことでシェアを拡大してきたように見えました。現在取り組んでいることも伺いましたが、製造工程の改良や新領域へのチャレンジなど、持続的成長を再確認できるものでした。

なお、工場見学において私は、生産ラインそのものは勿論ですが、周辺情報も収集することを心がけています。例えば本社と工場の労働環境の違いが挙げられます。本社オフィスは立派なのに工場はボロボロのままというケースは身構えます。他にも出入り業者や社員、駐車場なども観察します。こうしてリアルでないと見えてこない実像が、輪郭をなぞる様に浮かび上がってきます。

(工場玄関での集合写真、私の髪の毛はご愛敬)

さて地域の様子についてですが、やはり活気を実感しました。

羽田~熊本の飛行機は木曜日にもかかわらず往復とも満席で、熊本駅に到着すると想像以上に外国人らしき姿を見かけました。地元の方によると、「県外ナンバーが増えた」「高級車を見かけるようになった」「渋滞がひどくなった」「中国語を聞く機会が明らかに増えた」「台湾人は家を買って定住する」「不動産が活発に取引されている」ようです。実際、帰宅時間帯になると工場近くに渋滞ができはじめました。公共交通機関の拡充や高速道路の新設などが重要になるでしょう。工場最寄りの原水駅では、何人も中国語(少数ながら韓国語も)を話している様子を確認できました。台湾からやってきた彼らをターゲットにしているのか、熊本駅近くには億ション(1億円越えのマンション)や高級ホテルが用意されています。半導体工場誘致の威力はもの凄いです。

(原水駅)

(原水駅 電車到着時)

原嶋と一緒に福岡の博多・天神エリアの大規模同時再開発「博多コネクティッド」・「天神ビッグバン」の各現場も確認してきましたが、規模が非常に大きく感じられました。半導体関連産業の九州オフィスなどがたくさん入居するのかもしれません。福岡の中心部のホテルは満室ばかりで難儀しましたが、ホテル併設型のオフィスの建設が目についたため、少しは需給バランスが改善されそうです。一方で同時にこれだけ建設していると、取り合いだと話題の電気工事士などはまだしばらく引っ張りだこになるだろうと予想されます。

九州エリアの未来にワクワクさせられた出張でした。

------------------------------------

※ファンドの組入銘柄の参考情報を提供することを目的としており、特定銘柄の売買などの推奨、また価格などの 上昇や下落を示唆するものではありません。

コモンズ30ファンドのリスクと費用はこちら

https://www.commons30.jp/fund30/risk-cost/

ザ・2020ビジョンのリスクと費用はこちら

https://www.commons30.jp/fund2020/risk-cost/

【第15回コモンズSEEDCap最終候補者3者決定!】

◇コモンズSEEDCapに関して詳しくはこちら

コモンズ30ファンドの寄付のしくみコモンズSEEDCap/シードキャップの第15回応援先最終候補者3名を決定しました!
 
■永井陽右さん 

NPO法人アクセプト・インターナショナル
テロ組織の投降兵や逮捕者、ギャングなどの紛争当事者を対象とした脱過激化・社会復帰支援事業を基軸に、脱退促進や過激化防止など包括的にテロ・紛争解決に取り組む。
https://accept-int.org/
第12回コモンズ社会起業家フォーラム登壇者
https://youtu.be/vf4L8OkX43s?si=32uDMVkosHTQs2et
 
■勝山恵一さん


一般社団法人HASSYADAI social
生まれ育った家庭、環境関係無く、自分の可能性をあきらめず、自分の人生を自分で選択できる社会の創出に挑む。
https://social.hassyadai.com/
第15回コモンズ社会起業家フォーラム登壇者
https://youtu.be/i4Gz_2jkivQ?si=paFjNMSRUD5e2i51


■潮崎真惟子さん


認定NPO法人フェアトレード・ラベル・ジャパン
フェアトレードの認証を担う国際協力NGO。大企業や市民も巻き込み社会課題の根源“ビジネスの歪み”に向き合う。
https://www.fairtrade-jp.org/
第15回コモンズ社会起業家フォーラム登壇者
https://youtu.be/G1wiGfgbGEY?si=OgkhvcYrMKWvbpuK

昨年開催された第15回コモンズ社会起業家フォーラムの参加者の皆さんの声から勝山さんが、コモンズ投信全社員の審議により永井さんと潮崎さんが選ばれました。
 
これから最終候補者対談イベントを開催予定です。
その後、今年1月18日時点でコモンズ30ファンドをお持ちであったお仲間のみなさんにも「みなさんが選ぶ1名」をその理由と共に推薦いただき、最終選考に入っていきます。
ぜひ最終候補者たちの活動にこの選考を機会に関心を寄せていただけましたら幸いです。

ソーシャル・エンゲージメント・リーダー 馬越

石川に支援物資を届けてきました

コモンズ投信運用部奥です 
3月12日に金沢で障害者やホームレスの居住支援をしているNPO法人安心生活ネットワークいち(https://ichi-kanazawa.org/)を訪問し、社内で集めた寄付と物資を届けてきました。