NISA「2階制度」の複雑化はNG

おはようございます。渋澤健です。
土曜日の日本経済新聞は日本政府・与党のNISA制度の刷新の方針を一面のトップ記事で報道しました。皆さんは、どのように反応されましたでしょうか。

私は現状のNISA制度の刷新については100%賛同します。しかしながら、「2階建て」という方針は残念ながら評価できません。
制度の普及のために必要なのはユーザー、つまり、国民の視点からの簡素化です。今回の「2階建て」は、色々な意見を取りまとめるための妥協である複雑化であり、本来の政策目的を達成できないリスクが高まると思います。
簡素化という側面では答えは極めてシンプルです。現状のNISA、(現状では超複雑な)ジュニアNISAを廃止して、つみたてNISAの恒久化および未成年にも適用する一本化という刷新です。つみたてNISAは、極めてシンプルで優れた制度だと思います。
NISAを廃止しなくて、2階建てという複雑化を増す制度にする方針を示している理由は、「株やってる」顧客層から手数料収入を得る既得権益ある業界への配慮であると推測します。つみたてNISAは金融庁から認定された投資信託しか適応されなく、その条件として販売手数料がゼロでなければなりませんから。これでは、業界が儲からなく、不満の声が上がっていることでしょう。
しかし、NISAという制度は業界のために施行された税優遇制度ではないはずです。国民のためです。そして、その政策意図は、より多くが「貯蓄から投資へ」に関心を持ってもらうことです。
人生100年の生活を踏まえ、今まで貯金しかして眼中になかった国民が、長期的な資産形成のために、少しずつ投資に目を向けるための呼び水を促すことがNISAの政策的意図です。既に「株やってる」層への税優遇制度ではないはずです。
現に、つみたてNISAが施行されてから、若手や女性の投資セミナーなどへの参加率が高まっていると実感しています。この傾向を、つみたてNISA制度の恒久化により、更に後押しすべきです。
また、これからの日本の人口動態(逆プラミッド)を見据えれば、未成年の未来のためのNISA制度は不可欠であるものの、現状の「ジュニアNISA」の制度設計は複雑すぎます。せっかく、大変意義がある制度なのに利用が少ないのはニーズがないのではなく、制度が複雑だからです。つみたてNISAを未成年に適応できるだけで、この問題は解決できます。極めてシンプルなことです。
NISAの刷新は急務です。でも、それはあくまでもユーザー視点のため。「2階制度」が、本当により多くの様々な世代の国民を「貯蓄から投資へ」と動員する制度設計なのか、しっかりと政府・与党に吟味していただきたいと思います。お願いいたします。

親子で学ぶ寄付&「論語と算盤」

おはようございます。渋澤健です。

もう12月。年々、時が経つスピードが速まっている感じがします!

さて、今年もコモンズ投信は「寄付月間-Giving December 2019」のリードパートナーを務めています。月間中に日本全国で開催される認定セミナーコモンズ投信のキックオフイベントとして、こどもトラストセミナー「論語と算盤」&「寄付の教室」という親子セミナーを日曜日に開催しました!


前半は親子が分かれて、親が「論語と算盤」セミナーそして、子どもが「寄付の教室」に参加し、後半は発表タイム。子どもたちが気になった寄付先の理由について発表してくれました。元気よく協力してくれたおかげで、笑顔が多い学びの場になりました!

寄付とは、色々な意味で「長期投資」だと思っています。金銭的な「リターン」が自分に戻ってきませんが、次世代に「今日よりもよい明日」を還元するための出資が寄付ですから。


その寄付が、日本社会の普通の日常生活に融合されることが大切なんじゃないかなと思っています。こちら↓は「普通」な格好ではありませんが。。。


変なサンタの登場でも喜んでくれた子ども達のこころは寛容です。