渋沢栄一なら、こどもにお金をどう教える?

 みなさん、こんにちは  
コモンズ投信 馬越です。  
さて、clubhouseをご存知ですか? 
アメリカ発の音声だけのSNS サービスで、いわゆる雑談、つまり“おしゃべりをする”または“おしゃべりを聞く”というものなのですが、日本では20211月後半から急激にユーザー数が増え始めています。 
わたしもおっかなびっくり登録してみたのですが、まあ、様々なお部屋が立ち上がり、いろいろなテーマでの会話が生まれています。 

昨日、初心者馬越が数ある中から辿りついたのは、「お金のプロが語る『こどもにお金をどう教える?』」というお部屋。 
有名ブロガーさんたちが立ち上げたお部屋とあって、びっくりするほど大勢の人々が参加していました。 
そして祝日にも関わらず、みなさんにとって非常に関心のあるテーマなのだなということがわかりました。 

『こどもにお金をどう教える?』 
これは、こどもトラストセミナーを開始する当初からわたしたちコモンズ投信にも多く寄せられてきたご相談。  
金融教育をどうしたらいいのかわからない。 
そうですね、当たり前です。
多くのお父さんお母さんもまた、受けてこなかった教育ですから、いざ、自分が教える立場になっても、どのように教えて、どのように実践させていったらいいのか、悩みます。 

ましてや昨今は電子マネーというものをこどもたちも使いこなすようになってきたので、見えなくなってくるお金の使い方をどう伝えていこう。 
また子育てでは大抵、こども達には失敗をさせたくないと考えがちです。 
こどもが転んで怪我をしてしまったら、自分が怪我した時以上に痛い想いをしてしまう親御さんたちも多いと思います。 

お金となったら尚更で、お金で失敗はさせたくない、大変なことをしでかしてしまいそう、とりかえしのつかいないことになるかもしれない、だから、なるべく大人になるまでお金のことには触れずに、お金は大人が管理するようにした方がいい、そう思われるお気持ちもすごくよくわかります。 

ただし、失敗しないで乗れるようになる乗り物はあるでしょうか? 
練習しないでできるようになることはあるでしょうか? 

わたしたちコモンズ投信がお子さま向け、時に親子のみなさまに向けて開催するこどもトラストセミナーでは、お金についてノウハウを教えるというより、「考え方をどうつくっていくのか」「価値観をどう育てていくのか」に重きをおいています。 

お金の使い方は人生に等しく、正に「選択の連続」です。
 
お金を何に使うのか、何のために貯めるのか、どんな会社に投資したい(応援したい)のか、どんな未来・社会を願って寄付をするのか。 
すべてにおいて、自分の「ものさし」が育っていることで、自分の中で納得感が増し、そして、「だれのせいでもない人生づくり」につながっていきます。 

そうなのです。
こどもトラストセミナーでは、多くのお子さんたちに、お金についての考え方の練習をしていただいています。 
*以下のブログは、今年1月に開催した「お年玉をどう使おう?」の様子です。 
http://mm.commons30.jp/?c=8477555&o=a0E5F00001Nx1TCUAZ&v=2f208847 

最後に私事になりますが、わたしの息子たちは、22歳と19歳になりました。
下の息子は年末に二十歳のお誕生日を迎えるので、いよいよこどもトラスト口座を卒業します。
自分で口座の名義変更手続きをするように、そしてそれまでにコモンズのセミナーをちゃんと受けるように伝えています。
すでに受け継いだお兄さんには、運用報告のレターがあることや、今度こんな企業さんが来てセミナーでお話しくださるよ、など伝えたりしています。
時にパスワードをなくしては、こっそりコールセンターにお世話になっているのではなかろうかと案じたりしますが、基本、こどもに任せています。
ふたりは揃って、「家庭で、オープンにお金の話ができるのはいいことだ、自分のためになる」、と言います。 
そして、今わたしは、お金儲けをしたいと考えている次男と、NHKの大河ドラマを一緒に観られたらいいなあと淡い期待を抱いています。 
お金は儲けるだけではないことを、渋沢栄一の一生を知ることで、少し影響を受けてくれないかなぁと目論んでいるところです。 


〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・
参加者募集中!【オンライン開催】  
こどもトラストセミナー  
渋沢栄一に学ぶmeからweへのお金の使い方  
228日(日) 14:0015:30  
https://www.commons30.jp/seminars/detail/1147


【オンライン】 こどもトラストセミナー お年玉をどう使おう? ~お正月企画~開催しました!

2021年新年早々、東京都内の学童保育ウィズダムアカデミー3校にこどもトラストセミナーをお届けし、111日にはオンラインでも開催することができました。

今回のワークショップでは、お年玉がそもそも持っている意味を知ることから始まり、自分だったらどんな風にお年玉を使ってみたいか一緒に考えてみました。
お年玉がお金として配られるようになったのはいつから?
100年前から?」「それとも100年以内?
お年玉はお金でない時代、何だったかな?
石だったかな?」「おもちだったかな?

そもそもは新しい年、神様に捧げていたお餅、家長がその年も健康に過ごせるようにとこどもたちにもお餅を配った、これがお年玉の始まりと言われています。

それがお金に変わってきたのは、昭和30年代、高度経済成長の最中。
博物館に石が飾られているのを見たことがある!石だと思う」と答えてくれた子もいたり、お年玉がそもそもお餅だったというのは、こどもたちにはちょっと意外だったようです。
さて、新しい年がいい年になりますようにという願いが込められたお年玉をどうように使おう、と改めて考えてみたのが今回のワークショップでした。
つかう、ためる、ふやす、きふするの4つの使い方の中で、こどもたちは、ふやす、ときふするを今回新しく知ることになります。

ふやすは、「会社を応援すること」で、「お金に働いてきてもらうこと」だと伝えます。さて、どんな会社を応援したいかな?とこどもたちに尋ねると、やはりこの時期、「きめつのやいばのかいしゃ」に人気がありました。

また、ビックカメラ、任天堂と答えるお子さんもいました。
そして校舎横のクロネコヤマトのトラックをみんなで見て、コロナ禍である今、たくさんの人がいるお店に行くことなく、自分たちのところに欲しいものを届けてくれる会社の存在を意識して、「ものをはこんでくるかいしゃ」と記入してくれた子もしました。お父さんががんばっているので、お父さんの会社にという子も。
寄付先には、「みずをきれいにしてくれるところ」「WWF」「コロナ禍でがんばってくれる病院」「困っている人に」など、ありました。

「お金の使い方を分けて考えるのははじめてだったので、おもしろかった、これからもやってみたいと思います」と感想を教えてくれた子もいました。
オンラインセミナーへの参加の様子)


新型コロナ感染拡大の影響大きく大変なことの多い子育て環境ですが、お子さんたちの健やかなる成長を、今年もコモンズ投信は精一杯応援していきたいと思います。

2月には特別企画をご用意させていただきました!ぜひ奮ってのご参加、お待ちしています。
【オンライン開催】こどもトラストセミナー
渋沢栄一に学ぶmeからweへのお金の使い方
228日(日) 14:0015:30


12月末に開催しましたオンライン「寄付の教室」の様子は、以下ブログにてご紹介しております。
https://park.commons30.jp/2021/01/2020.html

こどもトラストセミナー寄付の教室2020

みなさん、こんにちは 
コモンズ投信 馬越です。 
昨年末12月も毎年恒例のこどもトラストセミナー「寄付の教室」を開催することができました (寄付月間2020公式認定企画でした)

今年は残念ながら新型コロナの感染拡大を鑑みてクリスマス会は開催できませんでしたが、オンラインとなったことで全国からの参加がかないました。 

午前が小学校低学年クラス。 
午後が小学校高学年クラス。
こどもトラストセミナー寄付の教室 高学年の部

寄付先を3つ紹介しながら、自分たちだったらどこに寄付をしたいのか、自分たちの欲しい未来を考えながら選び、発表していきます。 
今回寄付先候補に紹介したのは、毎年秋に当社が開催している社会起業家フォーラムに過去登壇した3団体。 
【候補1】日本在住の外国籍のこどもたちに日本語教育などサポートを行う「にわとりの会」。 

【候補2】病気や戦争、災害などで心に傷を負った世界中の子どもたちへ画材や絵本、ワークショップの提供を続ける「子供地球基金」。 
 
【候補3】現在新型コロナの影響で自然界に戻すことができないオラウータン の保護活動をサポートしている森林保全団体「moretrees 
 
こども達は様々な理由で寄付先を選んでいきます。 
自分も英語をやっているけど、住む国の言葉ができないのはきっと大変。」 
わたしも絵を描くのが好きで絵を描くととても楽しい気持ちになるから。」 
オラウータンがこの世界からいなくなったら嫌だから。」 

選んだ理由は、誰に強いられたわけでもなく、自分の素直な気持ちの中から自然と生まれてくるもの。 
シンプルなものでもいいのでそれを大事にしてね、と、こどもたち達に伝えます。 
そして、その気持ちや理由を、他の人に伝えることが、自分たちの未来を主体的につくっていく力に変わっていくことを、こどもトラストセミナーを通して感じてもらいます。 

コモンズの寄付の教室(主に高学年)は、4つのお金の使い方のワークシートへの記入で終わります。 
このワークは、セミナー冒頭でも同じことをするのですが、寄付先選びをした後だと、不思議なほどにこどもたちの考え方に変化が生まれます。 
つかう、ためる、ふやす、きふする。 
最初は、多くの場合、4つの使い方の「枠」の、「つかう」、「ためる」、にしか、こども達は自分たちのアイディアをうめることができません。 
しかし、未来を考える時に、こどもたちは、素直に、自分だけのことを考えたりはしません。 
みんな(we)にとっていい社会が自分(me)たちにとってもいい社会、そんな風に素直に考えるこどもたち 

投資のこと、寄付のことを知ってみると、みんなにとって、自分にとって、それがいい社会を作るためのお金の使い方なのだと理解するこどもたち。 
すぐに実践してみたくなります。 

昨年末の高学年のワークショップに、こんな風に考える子もいました。 
最初、なんとなく、お金を均等に4つの枠にいれていた子が、最後のワークシートでは、「ためる」に入れていたお金を「ふやす(投資する)」に移動。「きふする」は変わらず 
その理由を聞いてみると、きふ」をしたいのだけれど、もっと「ふやして」からの方がもっと「きふ」ができるから 

そして一方では、「つかう」を「ためる」に移動した子もいました。 
自分はやっぱりまだ「ふやす」がわからないから 
だから「きふ」するために、もうちょっと「ためて」おこうと思う。 

自分にとってしっくりくるお金の使い方、お金との付き合い方をしっかり模索し見つけてくれたこどもたち。 
本当にすごいです。 

こどもトラストセミナーでは、いつも、最初はこどもたちの表情はとても不安げです。
でも、自分たちも社会のことを主体的に考えてみることができるんだ、何かできることがありそうだ、という想いが心に芽生えることで、その表情が自信に満ちた笑顔に変わっていきます。 

こどもたちに「お金持ちってどんなイメージ?」という質問をするのが、私は大好きです。 
こどもたちからはこんな答えが返ってきます。 
一生懸命働いているから、いい人だよ 
お金で買えないものはないと思っているから、悪い人だよ 
いい人も悪い人もいる。その使い方稼ぎ方によるんだ。自分のことばかり考えて、人のお金をとるような泥棒みたいな人はやっぱり悪い人だと思う 

お金のことが実は大好きなこどもたち。 
彼らが、どんなお金の使い方を学んで、どんなお金持ちを目指していくのか、どんな社会をつくっていくのか、今からとっても楽しみでなりません。 
そして、もちろん、彼らの時代が来るまで、わたしたち大人も、しっかりといいお金持ちになって、いい社会をつくって、彼らに受け繋いでいきたいですね 


さて、2月にはこどもトラストセミナー特別編を企画! 
先着30名!
こどもトラスト口座保有者 先行予約を本日開始します! 

NHKの大河ドラマが始まるこの2月、渋沢栄一が残した「論語と算盤(ろんごとそろばん)」とは?未来を担うこどもたちと会長渋澤が一緒に読み解いていくワークショップを開催します。ぜひ奮ってのご参加、お待ちしています。 

【オンライン開催】 
こどもトラストセミナー
渋沢栄一に学ぶmeからweへのお金の使い方 
228日(日) 14:0015:30 
詳細・お申し込みは以下リンク先よりお願いいたします。

わたしの想い、みんなに届け〜第8期コモンズPOINT応援先が決定しました〜

こんにちは
コモンズ投信馬越です。
今年に延期された東京オリンピック・パラリンピックについて、NHKの世論調査が行われ、今週、以下の数字が発表されました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210113/k10012810061000.html
1278人の回答が得られた中で「開催すべき」が16「中止すべき」と「さらに延期すべき」をあわせた数字は77になりました。
新型肺炎コロナウィルス感染拡大が長期化し、深刻化する中で、東京オリンピック・パラリンピック開催に向けて、多くの人々が不安を抱いている現状があります。

わたしたちコモンズ投信は、コモンズPOINTという寄付のしくみを通して、前回(2016年)のブラジルリオパラリンピック大会直前から、障がい者スポーツの競技団体を応援してきました。

初代応援先(第2期~4期)は、(特)日本視覚障害者柔道連盟
「見えない」という障がいを持つ選手たち、そして選手たちが打ち込む競技と出逢うことによって、応援する私たちの方が、今まで「見えていなかった」社会の様々なことに気づかせていただきました。

次(第5期~6期)に選ばれたのが、(一社)日本知的障害者水泳連盟
外見では「わかりづらい」障がいをもつ彼らと出逢うことは、彼らの存在自体が「見えづらくなっている」今の社会について知ることにつながりました。

そして2団体とも、競技にひたむきに取り組む選手たちの姿に、わたしたちは何度も胸を熱くしてきました。

POINTというこの寄付のしくみは、障がい者スポーツに励む選手たち、彼らの活動を支えるご家族、競技団体と出逢うことによって、真のダイバーシティの実現を目指す取り組みに育ってきました。

思い返せば、東京パラリンピックが決まった時に、わたしたちはどんな景色を願い、がんばろうと誓っていたのか。

東京でパラリンピックが開催されることをきっかけに、この国がもっと多様性のある世界に進化することではなかったでしょうか。
しかし現状は、「見え始めていた」ダイバーシティが再び「見えづらく」なってはいないだろうかと懸念しています。

東京パラリンピックに向けて、選手、ご家族、競技団体は、多様な人々が暮らしやすい世界をつくる「代表選手」のごとく、特にこの数年は、賢明な努力を日々積み重ねられてきました。
その努力は今も続き、そしてもちろん、2021年以降も続いていきます

寄付のしくみコモンズPOINTは、引き続き障がい者スポーツのみなさんを応援していきます。
個々がもつ障がいと向き合ってきた選手たちから、わたしたちが「見せてもらえる」世界があると信じています

今週112日には、外部審査委員をお迎えして、コモンズPOINT8期(次期)応援先最終選考委員会を行いました。

(第8期コモンズPOINT応援先最終選考委員会メンバー)
7期に継続して、日本視覚障害者柔道連盟、日本知的障害者水泳連盟の2団体に対する応援が決定いたしました。
みなさま、共に、2団体への引き続きの応援、お願いいたします!
*日本知的障害者水泳連盟に対する第6期コモンズPOINT寄付金を使って製作された動画が、完成しました。ぜひご覧ください。
みんなの水泳の絵2020
わたしの想い、みんなに届け



(みんなの水泳の絵 関係者)

コモンズ投信伊井&渋澤より新年のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。

また、平素より格別のご愛顧を賜りありがとうございます。

2021年の幕開けに、弊社代表伊井、会長渋澤より皆さまへのメッセージをお届けいたします。


【代表取締役社長 伊井からのメッセージ】

新年あけましておめでとうございます。

旧年中は大変お世話になり、誠にありがとうございました。

昨年は、コロナ禍で制約の多い一年となり、それぞれの環境においてご苦労も多かったことと思います。

そんな中、私が尊敬する経営者の方が「コロナが10年先の未来を連れてきた」との話しをされて、まさに我が意を得たりでした。


当社は、『投資は未来を信じる力』と説明させていただいていますが、一気にリモートワークやオンライン診療/教育が進み始めたりすることが現実となったわけです。


メディアを通じての情報だけではイメージが難しいことも、投資を通じて企業や社会とつながることで理解が進み、こうした新しい未来にスムーズに対応出来ることも増えていくはずです。


昨年末は、日経平均株価が30年ぶりの高値になりました。

30年前の株式市場は、上場会社数も1,750社程度。

それが30年で2倍以上になりました。株式市場にも新しい企業が増え、また、投資家も世代が変わって新しい価値観で市場に参加されています。

つまり、30年前の「価格」に戻ったことは同じでも、経済の価値創造を担う企業も資本市場に参加する投資家の価値観も大きく変わっているのです。


10年先の未来を手に入れた私たちは、次の30年に向けて次世代のための社会創りに取り組まなければなりません。

そのためにも、2021年も一緒に、未来を信じる力を育んで参りましょう!

本年もよろしくお願い申し上げます。


コモンズ投信代表取締役社長 伊井 哲朗


【取締役会長 渋澤からのメッセージ】

世界的なパンデミックの最中、変わるものと変わらないものは何でしょうか。

まず、変わるもの。それは時代です。

時代は常に変化するものです。

現在、ダボス会議が提唱している「グレート・リセット」もそうですし、およそ150年前に日本が封建国家から近代化社会へと転身した維新のときもそうでした。


では、変わらないものは何か。

それは人々の生活です。

その生活のあり方は変化しますが、人々の生活という存在は変わりません。

パンデミックの脅威があっても、私たちは生活を持続させなければなりません。


そういう意味で、人々は基本的に変化に抵抗する傾向があります。

昨日の一日の過ごし方は今日の過ごし方と同じと考え、今日の過ごし方も明日の過ごし方と同じと考えてしまいがちです。


でも持続可能性とは現状維持ではない。

時代変化に応じて一日の過ごし方が変化するから、私たちの豊かな生活を持続できるのです。


これは企業も同じです。

変化に抵抗する企業に持続可能な価値創造は期待できません。

そして、持続可能な価値創造に投資するコモンズ投信も同じ。

今年はコモンズ投信の変わらないもの、そして変わるものにご期待ください。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。


コモンズ投信取締役会長 渋澤 健