東京2020カウントダウン!

コモンズ投信伊井です。
2020年東京オリ・パラの開会式が7月24日。
そうです、いよいよあと1年です。

さて、年初から「ザ・2020ビジョン」のパフォーマンスが好調です。
年初から6月末までの半年で、TOPIX(東証一部株価指数)が+5.21%、日経平均株価が+6.30%の上昇であるのに対して、ザ・2020ビジョンは+18.62%の上昇になっています。
この市場平均を大きく上回る結果に、最近ではメディアからの取材も増えてきました。
当社は、こうした短期的なパフォーマンスに一喜一憂はしませんが、このパフォーマンスの良さは2020年を起点に日本が新しいステージに入る動きが既に始まっているのではないかと思っています。

ザ・2020ビジョンは、日本の新しい国づくりに向け“変化しはじめた企業”、“変化にチャレンジする企業”を中心に中長期的な視点で厳選し、ダイナミックな運用を行うとの運用方針を掲げて2013年12月に誕生しました。
前回、日本を大きく変えた国づくりは、戦後の高度成長期でした。
戦後の焼け野原から、世界第2位の経済大国まで駆け上がる日本は、世界から東洋の奇跡とさえ言われました。
丁度、その時期をシンボリックに表すイベントが1964年の東京五輪、1970年の大阪万博でした。
この時期に文化人と活躍されたのが岡本太郎さん、コシノジュンコさん、丹下健三さん、また、企業経営者では盛田さんがソニーの社長に就任したのが1971年、稲盛さんの京セラが上場したのが1971年、永守さんが日本電産を起業されたのが1973年です。
文化人も企業経営者も大きなイベントに心躍り、パッションが高まっていたのでしょう。
そして、いよいよ来年、歴史の韻を踏むように、2020年東京オリ・パラ、2025年大阪・関西万博、2027年リニア新幹線開業へと続いていきます。
もちろん、モノの豊かさを実現した高度経済社会の実現とは違い、ココロの豊かさを高齢化社会の中で実現していく新しい国づくりになるのではないかと思っています。
高齢者も外国人もロボットも快適に活動する共生社会の実現、SDGsの先進国としてサスティナビリティをリードする国を目指していくのではないでしょうか。
私が日ごろお会いする文化人も企業経営者も、密かにこうした方向性にパッションが高まっていることを実感しています。
新しい時代をけん引するであろう投資先企業を、そして寄付先となる障がい者スポーツ団体をザ・2020ビジョンを通じて、皆さんとともに応援していきたいと考えています。
これからのザ・2020ビジョン、目が離せませんよ!

--------- ・ --------- ・ --------- ・ ---------
■\\ザ・2020ビジョンをつみたてよう!//
夏の恒例、つみたてキャンペーン実施中(キャンペーン期間:~8/31)
○口座開設と同時につみたてプランのお申込 または
○つみたて新規/再開、つみたて増額、つみたてするファンドの追加
条件を満たした方でキャンペーン応募者全員に「500円分の図書カード」をプレゼント!
詳細: https://www.commons30.jp/pdf/tsumitate19.pdf 
--------- ・ --------- ・ --------- ・ ---------
■ザ・2020ビジョンのセミナーも開催!
変化はチャンス!ザ・2020ビジョンの長期投資入門
8月13日(火) 18:30~20:00
https://www.commons30.jp/seminars/detail/864
8月14日(水) 15:30~17:00
https://www.commons30.jp/seminars/detail/865
--------- ・ --------- ・ --------- ・ ---------

企業の価値創造とSDGs

おはようございます。渋澤健です。

先週は、久しぶりにニューヨークを訪れ、国連のふもとにあるThe Japan Societyで日本経済新聞社と日経BPが共催した「日経SDGsフォーラムin NY」にパネリストとして登壇する機会をいただきました。


「SDGs」という言葉を聞き慣れていない方々が多いと思いますが、近年、日本では地方も含め認知度、関心度が高まっています。時々、丸い虹のピンをスーツに身に付けているサラリーマンとすれ違いませんか? 

SDGs(Sustainable Development Goals-持続可能な開発目標)は2015年に国連の総会において満場一致で採択された人類の共通目標です。「誰一人取り残さない」世界を2030年まで築くという壮大な計画がSDGsです。17のゴール(目標)と169のターゲットが示されています。


なぜ、企業がSDGsに取り組むべきか。それは、「善意」に留まることなく、「誰一人取り残さない」目標によって新たな需要を発掘し、それが企業の新たな価値創造へとつながることに期待するからです。

これに重要な視点として、現在の事業の延長として「できる」ということに加えて、遠い目標でありながらも、「やりたい」というところからバックキャスティング(逆算)することがあります。「できる」ことの積み重ねと「やりたい」というところからのバックキャスティングが合うところに、新たな価値の創造が生じます。


SDGsのような地球的課題の解決には、現世代のパイ(資金)の再配分だけではなく、未来世代を含むパイの拡大(投資)を促すことが不可欠です。一人ひとりの自己実現と成長が期待できる、そんな世界を共に創りたいですよね。そこに企業がSDGsに取り組む意義があると思っています。


長期投資を継続するのはHAPPYになるため

おはようございます。渋澤健です。三連休はいかがお過ごしですか?

2013年8月に、「愛と資本主義」というセミナーを六本木ヒルズアカデミーヒルズ・美術館で開催しました。ここで、「恋」と「愛」の違いが判明し、「今日よりも良い明日」を見つめている長期投資とつながっている気づきがありました。

そして、二年後の2015年2月には「美と資本主義」というセミナー・ツアーを瀬戸内の直島・犬島で、

同年の8月に「美と資本主義」セミナー・ツアーを新潟の越後妻有で、

そして、2016年10月に「美と資本主義セミナー」セミナー・ツアーを再び瀬戸内の豊島・女木島、男木島で開催しました。

「美」は価値観ですから、これも長期投資につながります。

次のシリーズは「幸と資本主義」をやりたいなとずっと思っていました。ちょっと間が空いてしまったので、そろそろ企画したいですねw。

やはり、長期投資をコツコツと継続する理由は、HAPPYになりたいため。「愛」も「美」もHAPPYになりたいため。「誰一人取り残さない」17の目標を掲げているSDGsも、世の中のみんながHAPPYになるため。人生もHAPPYで送りたい。HAPPYならば未来を信じる力を持ってるはず。つながりますね。

社会変化と未来の自分

おはようございます。渋澤健です。関東は梅雨っぽい週末になりましたが、各地の週末はいかがでしたでしょうか。

さて、日曜日の朝から雨の中で20代~30代の若手がで出向てくれて、みらい研究所というコワーキングスペースで、これからの社会変化において未来の自分を描くというセミナーを開催しました。


私からは、「2020年から日本は新しい時代が始まる」と持論をご紹介し、日本の人口ピラミッドから、今までの10~20年と比べて、これからの10∼20年の社会変化のスピードが著しく高まるという未来像を提案しました。過去の成功体験を持っている世代から(経済成長という)成功体験を持っていない(だからこそ、新たな成功体験をつくれる)世代へと交代が早いピッチで進むのです。


日本の「見える未来」は圧倒的な高齢化少子化社会です。でも、高齢化少子化とは国境の内側の話です。

デジタルネイティブである若手世代はインターネットが常時つながっていることが当たり前の世代です。インターネットには国境がありません。言語もテクノロジーによってコミュニケーションの障壁はどんどんと低くなるでしょう。課題は、若手にスイッチが入るかです。

日本で暮らしながらも、自分は世界とつながっていて、世界から様々な成長や気づきを取り込むことができるという意識のスイッチです。自分自身のコンフォートゾーン(安全地帯)だけに留まることなく、その「枠」の外から色々な視点や気づきを取り込むことで、新たな価値を創造するというスイッチです。

このスイッチが入るか入らないかは「見えない未来」です。日本の若手が「見える未来」に留まるか、「見えない未来」を信じてチャレンジするかによって、2020年以降に日本の繁栄の時代の有無が決まります。


そのなか、やはり、「老後資金2000万円」が気になる若手も多いようでした。長期投資という「見えない未来を信じる力」をコツコツと毎月、少しからでも良いから発揮することが大事であるというメッセージを、セッションのしめくくりに若手へ伝えました。

そして、社会変化と未来の自分を実現させるために、やはり大切のは笑顔ですね。(前野隆司先生の「幸福の因子」からお借りすれば)「自己実現と成長」には笑顔があります。「つながりと感謝」には笑顔があります。「前向きと楽観」には笑顔があります。「独立とマイペース」には笑顔があります。笑顔の若手がもっともっと日本社会で増えれば、「今日よりも、よい明日」は必ず実現します。


企画・運営してくださった今村桃子さん! グッジョブ! 感謝です!

ピギーちゃんの4分法~オリジナル貯金箱を作ろう~

2019年6月30日(日)こどもトラストセミナーお金の教室「ピギーちゃんの4分法~オリジナル貯金箱を作ろう~」をウィズダムアカデミー田園調布自由が丘校で開催しました。

元は外国の方が住んでいた素敵な広~いおうちに15名の小学生が集まりました。
(親御さんは1階でPIECESのワークショップに参加しています)

まずはピギーちゃんの貯金箱を紹介しながら、おかねの4つの勉強をします。

どうやったらおかねがふえるの?

おかねには4つの使い方があります
~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~
つかう、今欲しいものを買うこと。本当に欲しいかよく考える。
ためる、今欲しいものを少し我慢してもっと欲しいものを手に入れる。
ふやす、将来のためのおかね。今使わないお金は「成長するもの」にかえておいてふやす。
きふする、自分の代わりにお金に手伝いに行ってもらう。
~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~

勉強の時間の次は、オリジナル貯金箱作り。

工作が大好きなこどもたち。作業に取り掛かると時間があっという間に過ぎました。

今回作った貯金箱は、4つの箱を組み合わせたもので、それぞれお金の投入口がついています。

●(犬が好きで犬に寄付したい子が作った)犬のかたちの貯金箱
●(ピギーちゃんの貯金箱が欲しいのでそのためのおかねを貯める)キンピカの貯金箱
●(パティシエになるためのおかねを貯める)お花の飾りがかわいい貯金箱
そのほか、様々な色&形の貯金箱ができあがりました。

お家に帰ってからも、貯金箱を眺めながら、
おかねをどんなふうに使おうか親子で話してみてほしいと思います。

最後はみんなで記念撮影!


ここが大事!長期的なつみたて投資の運用損益の目標

おはようございます。渋澤健です。

金融庁から広報を促されている「共通KPI」に加え、コモンズ投信が大事にしている長期的なつみたて投資の独自指標を発表しましたので、是非、ご覧ください。

【ポイント①】 つみたて口座の比率が高い
これは、コモンズ投信を創業し、10年前のファンド設定来からずっと提唱してきた「つみたて投資」のメッセージがコモンズのお仲間(受益者)に届いているということを示している大事な指標です。長期的な資産形成の成果をお届けするために、最も重要な指標と言っても過言ではなく、どのような市場環境でも常に高い水準を保つことに務めて参ります。


【ポイント②】運用損益の「共通KPI」はブレる。
去年の9月に発表された(昨年3月末時点)の「共通KPI」でコモンズ投信が97.7%であったことは新聞報道などで取り上げられ、うれしい出来事でした。ただ、下記の図でおわかりように、この「共通KPI」はブレるのです。かなり。


97.7%よりも高い時もあれば、今年の3月末のように、低いときもあります。

この「共通KPI」が高くなる理由は、ファンド数が厳選されていること。大手のように(販売促進のために)たくさんのラインアップを用意すればするほど不利になる「共通KPI」です。また、厳選されたファンドが設定来の史上高値圏に推移していれば、当然ながら、この「共通KPI」は100%へと近づきます。

でも、ファンドが常に高値圏に推移していることは現実的ではありません。だから、実は、この「共通KPI」だけで良し悪しを判断することはお勧めできません。

【ポイント③】ここが大事!長期的なつみたて投資の運用損益
ファンドは常に高値圏に推移している訳ではない。だからこそ、つみたて投資の効果が活きてくるのです! 定期・定額でファンドを購入するのがつみたて投資ではファンドの時価総額(価格)が下がる局面は、むしろ長期的なスタンスでは好機です。だって、同じ金額でもっと口数(個数)が買えるからです。

コモンズ投信が運用するファンドに5年間以上、つみたて投資を実施していたら、、、その結果が下記になります。ほぼ全員のお仲間が利益になっています。


このグラフの損益にはつみたてを5年以上継続している人が株式市場などのタイミングを狙うスポット(一括購入)した分も含まれています。

もちろん、このつみたて投資の成果は過去の実績であり、これからのコモンズ投信の運用を保証するものではありません。けれども、長期的にコツコツとコモンズ投信つみたて投資を実施すること、そして、大事なのは、既に初めている人が継続することのメリットのご参考としていただければうれしいです。