投信業界の「革命」を促す独立系

おはようございます。渋澤健です。

先週、講演で初めて山口県萩市に訪れ、多くの明治維新を先導した人材を輩出したことで知られている松下村塾を見学しました。


現在は、市内の松陰神社へ移築されていますが、ちょっと山を登った元々建っていたところにもご案内いただきました。塾長の吉田松陰が生まれ育ったところで、現在はお墓があります。


この同じ景色を眺めながら、若い志士が新しい国づくりについて語り合い、夢を見て、実践したんだなぁと考えると感慨無量でした。もちろん、彼らたちだけで明治維新を起こした訳ではなく、多くの同志が新しい時代に向けて共感を覚えて、行動したから維新が実現したのです。

今年は「明治維新150年」と言われても、「ふ~ん、そうなんだ」ぐらいの反応が全国では一般的だと思いますが、山口県(長州)と鹿児島県(薩摩)では、かなりの盛り上がりを見せています。私の講演が、山口県NHKで報道されたくらいですからw。


明治維新を美化すべきではなく、実態は武力で政権を脅かした「乗っ取り」という批判もありますが、いずれにしても現状維持に対して「革命」というゲーム・チェンジャーであったことは確かでしょう。そして、改革とは権力の中心部から起こるものではなく、薩長のように、中心部から遠い、端のところから始まるものです。

現在は投信業界にも「革命」が起きていると数週間前の日経ヴェリタスが特集を組みました。確かに、今まで業界の秩序のゲーム・チェンジが求められている潮流があります。そして、金融庁が公表を促した「共通KPI」で運用損益別比率がトップ3社の共通点は、①ノーロード(販売手数料ゼロ)、②長期的な、③つみたて投資を推奨している独立系の投信会社です。業界の中心部ではなく、端っこです。

今回、松下村塾に訪れて、改めて「そうか!」と思いました。共通KPI上位三社の設立者の全員が「塾長」の指導を受けた塾生です。さわかみ投信の「ごきげん!」の澤上篤人さんは、投信業界の吉田松陰です!w

【POINTで日本知的障害者水泳連盟を応援】 ~みんなの水泳の絵 絵画展~

こんにちは。
ザ・2020ビジョン寄付のしくみ コモンズPOINT(ポイント)担当 馬越裕子です。

わたしたちコモンズ投信は、この寄付のしくみを通して、日本知的障害者水泳連盟の選手たちと出会い、選手たちの水泳に対するひたむきな想いや姿勢に感動しました。
そしてより多くの方々に大会会場に選手たちの応援に来ていただきたいと願い、連盟事務局と相談を重ね、選手たちによる絵画展を水泳競技大会の会場において共催させていただくことができました。
この夏、連盟事務局に寄せられたのは、21作品。
12人の個性あふれる魅力的な作品が集まり、そのいずれも、選手たちの「水泳が大好きである気持ち」「水泳に一生懸命である気持ち」が伝わってくるものばかりでした。

会場となったのは、第21回日本知的障害者選手権(25m)水泳競技大会が開催された金沢プール。
多くの選手やご家族がレースの合間に作品の前で足を止めて、作品に見入ってくださいました。



また作品を出展した選手たちも、自分の作品が飾られているのを見に来てくれました。





知的障害者水泳の選手たちの中には、自分の感情を外に出すことが得意でない選手もいます。
にこにこやって来るというよりは、無表情で現れる選手もいるのですが、何度も何度も自分の作品を見に足を運んでくれる姿から、選手の「嬉しい気持ち」を感じることができました。

また、作品を出展していない選手たちの中には、「これはおもしろい」とつぶやいて、写真を何枚も撮影して帰っていくという選手も。

絵画展の当日スタッフを務めてくださった連盟のコーチからも、「水泳選手としての彼らとはまた違った一面を見ることができました」という感想をいただきました。

リオパラリンピック代表 津川選手
私自身も絵画展の場で、ご家族や指導者の方々から、「レーンをまっすぐに泳いでいくというシンプルなルールの水泳競技は、知的障害者の選手にとってベストが出しやすいもの」「選手たちにどのように声かけをして、競技をサポートしているのか」など、様々お話をお聞きすることができ、更に知的障害者水泳の選手たちのこと、世界のことを知ることができました。
津川選手は、感想ノートにも一文字一文字とても丁寧に書き込んでくださいました。
この「みんなの水泳の絵」絵画展は、単に選手たちの絵を見ていただく場に留まらず、応援に来た人たちと、選手やご家族が交流できる場ともなりました。

この絵画展はコモンズの「お仲間」がコモンズPOINT応援団となって、展覧の準備を進めてくださいました。

また連盟の黒田事務局長も企画に賛同して、一緒に運営を進めてくださいました。
左が黒田事務局長 右がリオパラリンピック代表 中島選手
そしてこの絵画展は、パラスポーツ応援チャリティーソング「雨あがりのステップ」寄付金対象事業として認められ、実現することができました。

絵画展にご協力くださったすべてのみなさまに、心から感謝申し上げます。

日本知的障害者水泳連盟の選手のみなさんの益々ご活躍を、みなさんと共に応援していけることを願っています。

引き続き日本知的障害者水泳の選手たちにご注目ください。
どうぞよろしくお願いいたします。

メダル授与を担当したコモンズPOINT応援団
コモンズ投信株式会社 POINT担当 馬越裕子

コモンズ投信が考える最善の利益

おはようございます。渋澤健です。

114日(日)金沢で開催された「第21回日本知的障害者選手権水泳競技大会」で日本知的障害者水泳連盟がパラスポーツ応援チャリティーソング「雨上がりのステップ」の寄付金を活用して絵画展を企画し、コモンズ投信および「お仲間」が運営応援団として入りました。



テーマを「水泳に関する絵」として選手たちから作品を募集したところ、とても魅力的な作品が届きました。表現力が、とても豊かですね。



大会でコモンズ投信の大勢の「お仲間」の代理として応援参加したソーシャルアクション担当の馬越裕子からもっと詳しい話がシェアされると思いますが、やはり、一人ひとりが自分の自己表現を通じて他に感動を与えることは本当に大切なことだと思います。

コモンズ投信が運用するザ・2020ビジョンに長期投資を託してくださる「お仲間」たちから頂く信託報酬(コモンズ投信の収入)の約1%を活用して障害者スポーツを応援するコモンズPOINTは、このようなインクルーシブな社会を共に創ることに務めています。

投資信託が経済的リターンを受益者にお返しすることはもちろんのこと。同時に色々な方々との共創によって、より良い社会を次世代へとつなげること。これも不可欠なことであり、経済的リターン「と」社会的リターンは未来へ前進する車の両輪だと思います。


【2.私たちが考える、お客さまの最善の利益の追求】
⑤ 私たちは、社会の一員としての社会的なリターンの提供も追及します。

1031日に発表した「コモンズ投信フィデューシャリー宣言についての取組状況のご報告」も合わせてご確認ください。

一人ひとりが、未来を信じる力を発揮できる社会、そして、その力を合わせることによって、今日よりもよい明日という次代を共に拓きましょう!