渋沢栄一から学ぶ人生100年

おはようございます。渋澤健です。

今日、11月11日は、日本の資本主義の父と云われる渋沢栄一の命日です。1840年に生まれ、1931年まで人生を全うした生き方の名人です。人生100年の時代である現在であるからこそ、栄一からの学びが色々と参考になりそうです。


今から100年ぐらい前の79歳でも、銀行など会社役員の職からは退いていましたが、民間外交など当時の世界における日本の「よりよい明日」のために老骨に鞭を打っていました。

5年後に1万円札の「顔」になり、2年後の大河ドラマでも登場する渋沢栄一への関心が高まっており、日本全国、そして、時々は海外でも講演のご依頼が増えており、最近、(一日にダブルやトリプル・ヘッダーが入ることがあるので)ほぼ毎日ペースで渋沢栄一の思想の現代意義について自説を話している自分がいます。

渋沢栄一の「論語と算盤」とは、1916年に出版された講演集です。そういう意味で表現はちょっと硬い。でも、その本質を噛み砕いてみると、十分に今の時代で通じる内容であると確信しています。過去の遺産ではなく、これからの世の中のために使えるメッセージがたくさん詰まっていると思います。

明治時代。今から振り返ると日本の功績として掲げられています。ただ、当時、270年も続いた時代の常識から一気に新しい時代へ突入していました。たくさんの不安もあったと思います。

多くが不安を抱えている中、渋沢栄一は「見えない未来を信じる力」を持っていたと思います。現状から飛躍して、それを現状とつなげることができた。それが「論語と算盤」が象徴する「と」の力だと思っています。

この「と」の力は、渋沢栄一のような雲の上の存在だけが持っている力ではありません。皆、少なからず、持っている力です。このようなブログを読んでいただいている方であれば、間違いなく、少なからず「未来を信じる力」を持っています。

たくさん持っている必要ありません。毎月、ちょっぴり「未来を信じる力」を持っていて、それを積み立てれば良いのです。大小が問題ではなく、有無です。有であれば、それは足し算・掛算によって、より大きな力になれます。

この考え方は、投資信託の積み立て投資そのものですね。一人ひとりの未来を信じる力を合わせて、次の時代を共に拓く。これが、コモンズ投信の存在意義です。そのために、コモンズのメンバーは日々務めてます。そのために、コモンズのお仲間(受益者、お客様)は、コモンズ投信に長期投資を託してくださっているのです。

「今日よりもよい明日」。これは、飛躍かもしれません。

けれども、是非とも実現させましょう。
2019年11月11日月曜日

教育資金づくりはなるべく早く時間を味方につけること

私たちコモンズ投信は、毎年10月28日を「ジュニアの日」と名づけ、イベントを開催したり、様々な方よりメッセージを頂くなどして参りました。

今年のテーマは教育資金づくりと金融教育

教育資金づくりはなるべく早く始めて時間を味方につけることが最大の準備なのですが、お子さんが生まれたばかり、もしくは小さいときにはなかなかそこまで頭が回らなかったり、お子さん連れで相談できる場所が少なかったりと、ついつい時間が過ぎてしまうものです。

今回tsumiki証券さんの協力を得て、お子さま連れでも参加いただける場にしました。


また、子どもにどんなふうにお金のことを教えたらよいのか、、、というのはお子さんをお持ちの方であれば一度は悩まれたことがある課題ではないでしょうか。

そこで今回は、私たちが日頃取組んでいるこどもトラストセミナー「おかねの教室」の紹介や、コモンズ投信マーケティングチーム(通称:ぱふーむ)の実体験を基にした金融教育をみなさまにお伝えする機会とさせていただきました。

秋晴れに恵まれた当日、小さなお子様連れの親子に多数参加いただき、セミナーはスタート。まずは教育資金づくりについてお話をしました。

先に書いたように、ポイントは「なるべく早く時間を味方につける」なのですが、使い時と貯め時をしっかり把握しておくことや、児童手当幼児教育・保育無償化の分をしっかり活用すること、また家計とのやりくりなどについて具体的にお話をさせていただきました。

後半のトークセッションでは、マーケティングメンバーが教育資金づくりどのように行っているかや、金融教育については「おかねもちはありがとうもち」という考え方を日頃から活用することなどをお話ししました。
参加者の皆さんからも、「お小遣いはどんな風に渡していますか?」「電子マネーの普及によって子供にお金を遣うことをリアルに感じてもらえるのか心配です」といった悩みが寄せられました。

教育資金づくりも、金融教育も“これが正しい”という答えがあるものではないと考えています。
ただし、「知って備えること」また「大人も子どもも自分なりの“選択“が出来ること」が何より大事ではないかと私たちは考えています。

参加頂いた皆さまからは「教育資金に対して漠然とこのままでは足りないのではないか不安を抱いており、理解を深めたいと考えていたので、本日のセミナーで理解が深まりつみたて投資をしていきたいと思えました」「教育資金の考え方や、子どもとお金の付き合い方について少し理解することができました」といったお声をいただきました。

これからもこのような場を定期的に催していきたいと思います!
皆さまからのリクエストもお待ちしております!
2019年11月8日金曜日

信じて・託して・任せて

今回は(アクティブ)ファンドが資産をふやす源泉を紐解きながら、”売買もファンドでやるから任せてね”をお伝えします。

ご存知のようにファンドは資産がふえるように皆さんに替わってプロが運用する商品です。

ファンドの利点は色々ありますが、特にいいところは

ひとつは『プロが銘柄選びをしてくれる』です。
これは、いかに持続的な成長を期待できる企業を選べるかが重要です。

そしてもうひとつは『プロが売買をしてくれる』です。
売買といっても短期的な視点での売買ではなく、長期的な視点での売買です。
ちなみにコモンズ30ファンドの場合、“強い企業”を厳選して選ぶファンドでかつ長期を前提としているので、原則均等投資をしています。つまり、30銘柄であれば、1銘柄あたり3.3%ずつ保有しています。ですので、短期的に上がりすぎて、ファンドにおける保有比率が3.3%を大きく超えた銘柄を売り、下がりすぎた銘柄を買う「トリミング」という作業を丁寧に行っています。
こうすることで、ファンドというパッケージが互いの負を補いあい、力を大いに発揮できる状態に保ちます。
コモンズ30ファンドは「価値に投資する」ファンドなので、株価の変動による「価格の差」で利益を積み上げるのではなく、成長や進化が期待できる企業にバランスよくお金を預けて企業が生みだす価値の増大に乗せて、ファンド全体の価値を増大させることを目指しています。

その道40年の渕上トレーダーに聞いてみました。

その道40年の渕上トレーダー
ー コモンズの売買ってどんなですか?

企業も人と一緒でうんと成長するときもあるし、いろんなことがうまくいかなくて伸び悩むときもある。
コモンズは投資先の企業との対話を大切にしている。それは投資先の企業の調子が良い時も悪い時も同じ。
長いお付き合いだからこそ市場で売買される株価が、自分たちの判断する価値と比べて、高過ぎるとか、安すぎるとか、肌感覚で感じることができると思っています。
高いと思えば少し売ることもあります。
安いと思えば、さらに買い増しをすることもあります。
これが『コモンズの売買』。対話なしに売買なんてできないさ!

場所が変われば人も変わるもんだね!と突っ込まれそうな(コモンズ的)優等生コメントをありがとうございます。
本題に戻って、
利益が出ている!というのは甘い誘惑ですし、
下がる前に確定したい!というのは堅実で手堅い行動、に思えます。

ですが、実際は「トレードで(長期的に)勝つこと」は至難の業です。

売りたいときには売れないし、(もっとあがっちゃったり)
買いたいときには買えないのです。(もっとさがっちゃったり)

そうして次のタイミングを見計らっているうちに時間が経ち、そのまま預けておけば享受できるはずだった複利の効果を取りっぱぐれてしまうわけです。

個人のお客さまが、資産づくりの道半ばで利益確定することは、種から大切に育てた成長のエネルギーがいっぱい詰まった芽を摘んでしまうことと同じ。

必要な売買は私たちが行なっていますので、ファンドをお持ちの皆さんは資金が必要になるまで利益確定しなくて大丈夫です。
皆さまの大切な資産を大きく成長させるため日々ファンドをメンテナンスしていますので、引き続き「信じて・託して・任せて」いただければと思います!

2019年11月7日木曜日

長期投資in十勝

おはようございます。渋澤健です。


昨日は帯広で、FPフォーラムin道東&金融経済講演会(北海道金融広報委員会主催)で講演させていただきました。渋沢栄一の「論語と算盤」の現代意義はサステナブルな成長を目指す経済社会であり、「未来を信じる力」という長期投資とシンクロしていると思います。


十勝は9年前から1~2回ぐらいのペースで通っていて、色々とお付き合いしていただいている方々が大勢いらっしゃる地域です。ただ、最初に十勝とのご縁をつくってくれたのが、渋沢栄一でした。

1898年(明治31年)に栄一は財界人らと一緒に十勝開墾合資会社に出資しています。しかし、事業が予定通りに進展しなかったことで多くの財界人が資金を引き揚げたところ、栄一は長い年月をかけて出資を続け、1924年まで事業会社への売却まで長期投資を継続しました。このエピソードについて現地の十勝毎日新聞が記事として取り上げて、私に講演依頼を頂戴したのが9年前です。


その後、長期投資の啓蒙活動などで、十勝に通っています。実は、また来月も来ますw! 十勝さらべつ熱中小学校の「教師」として、12月21日に教壇に立ちます。

このように「長期投資」を通じて、ご縁がつながることは素敵ですね!
2019年11月4日月曜日

株価チャートの罠

こんにちは。マーケティング部の横山です。

昨日(2019/10/24)、コモンズ30マザーファンドの運用資産額が300億円を突破しました。
ファンドを保有してくださっているみなさまの資産がしっかり成長していることのご報告ができてうれしく思います。

さて、株価が上がると利益確定の売りが出ます。
損失が出ていた期間を耐え、やっと回復した!のやれやれ売り。
横山「・・・気持ちはわかります(沈黙)」

気持ちはわかりますよ

そんな中、昨日トレーダーの渕上さんと雑談で・・・

横山「上がっても売る、下がっても売る。基本いつでも売りたいんですね。持っているという状態が居心地悪いんでしょうか?」

渕上「短期で利益を出すことを考えている人は基本的に売り目線で株価を見てるよね。本来トレーダーなんかはみんなそう。」

横山「コモンズのお客さんでもそうなんですかね?」

渕上「長期で見れば買い目線に変わるんだけどね。株価の値下がりは、やった!安く買える!に見方が変わるからから」

売り目線なら短期軸。買い目線なら長期軸。自分がどっちなのかすぐ判定できて便利な判定ツールだなと思いました。

「例えば横山さん、この銘柄買う?」と紙をひらりと差し出した渕上さん。
渕上さんが持ってきた紙

差し出されたのはザ・2020ビジョンに組み入れられているとある銘柄の株価チャートで2017年10月1700円から始まってほぼ一本調子に右肩上がり。
数日前に9,650円をつけてから下げに転じて、10月24日現在7500円あたり。

横山「うーーん、悩ましいですね、がんばったけどピークアウトした?2017年に買いたかったです!」
渕上「ね。でも買い目線だったらこんなに順調に成長している銘柄を今なら安く買える!って思えるはずだよね」

まったくそのとおり。頭では分かっていても、いざ上ったあとの下り坂のチャートを見ると躊躇するもの。しばらく渕上さんとチャート見ながらああでもないこうでもないと話しているとき・・・気がついたんです、私。

横山(心の声)「これは罠だ、チャートの罠・・・」
気がついたときの衝撃
なにに気がついたかというと、チャートって今時点が一番右にあってその先がないんです。
なにを当たり前のことを、と思うかもしれませんが、これが大問題。

現時点より右側にスペースがない。
「これから」のスペースがない!

チャートの大問題に気がついて、急いで自分で足しました。(白い紙を横に置いただけ)

白い紙を横に置いたところ
すると!過去の右肩上がりの軌跡を延長するかたちで先のトレンドがぼんやり浮かんでくるではないですか!

これ、世紀の大発見だと思うのです。

チャートを見るときは、まず右側に過去分と同じだけ未来分の空白スペースを足す。
そして自分の持っている「情報」「知識」「想像力」を総動員してその空白スペースに「これから」を描いてみる、そのとき「願望」も入れ忘れないこと。

売り目線から買い目線に。
長期投資家になるための発想の転換はこんなちょっとしたアイデアでトレーニングできるものなのですね。
今後もコモンズ投信とともに末永く資産と未来を育む二人三脚にお付き合いください。

※本ブログの内容は個別の銘柄の売買を推奨するものではありません。

2019年10月28日月曜日

SETOUCHI企業フォーラム

おはようございます。渋澤健です。

瀬戸内国際芸術祭にあたり、オフィス街から離れた空間で「企業と文化とサステナビリティを考えるフォーラム」に参画する機会をいただきました。


主に経営層にお声がけしましたが、E(環境)、S(社会)、G(ガバナンス)について、現場視察、体験型ワークショップ、講演、クロストーク、グループディスカッションなどを通じて、様々な気づきと出会いがあり、素晴らしい3日間でした。


アートとは、見えないもの(あるいは、見せたくないもの)の可視化であると感じました。豊島の産業廃棄物問題(E)や大島のハンセン病療養所(差別・偏見による隔離政策)(S)の現地視察では、今まで知らなかったことを多く学びました。

また、「対話型観賞」のワークショップでは、仮に同じものを見ても、自分の視点、習慣やバイアスによって、異なるものに見えるという驚きがありました。

これは、企業が発表する同じ数字や言葉を見ても、それぞれの立場から違う「事実」見えているということを連想できますね。ならば、対話型観賞と同じように、まず「見る」、それから「考える」、そして「話して」から「聞く」というプロセスが応用できそうです。


今回、コモンズ30ファンド設定初期からずっと投資を継続しているベネッセホールディングスの実質的創業者の福武總一郎さんからベネッセアートサイト直島で直接お話をお伺いできるという大変貴重な機会をいただきました。

この水平線の作品(↓の写真)を見て、「不易」というキーワードが浮かんできたそうです。どの時代でも通じるものは、アートによって地域社会に現れた「お婆ちゃんの笑顔」でした。そこから、「Bene・esse(よく・生きる)」という名が誕生したのです。


長年、お付き合いしているベネッセですが、福武さんのお話をお伺いして初めて知ったことがありました。ベネッセハウス・ミュージアムの名前の方が先で、後から福武さんがお父様から継いだ「福武書店」が「ベネッセ」としてリボーンしたのです。このことを知っているのは現在の社員でも少ないかもしれないとのことでした。

それは、もったいない。福武さん曰く「文化はアイデンティティー」です。


最終日のクロージングセッションで、安達保社長とのトークセッションの機会をいただいたので、もっとベネッセの起源にアート(文化)があることの意味合いを社内外で広めることをお願いしました。


恐らく海外ではNaoshimaやSetouchiの方がBenesseより認知度が高いです。ベネッセの「見えない価値」の可視化により、経済的な価値の創造、および、社会的課題の解決という価値の創造が高まることに長期投資家として期待しています。


「コモンズ10周年 感謝の集い」in 福岡

おはようございます。渋澤健です。

昨日は、福岡で「コモンズ10周年 感謝の集い」を開催しました!めずらしく女性の参加者が過半数で、お子さん連れの方々もいらっしゃり、とてもアットホームでコモンズ投信的な「投資セミナー」になりました。


「感謝の集い」では、伊井と私が一緒に登壇するレア?なシリーズです。後半には特長である、ワーク・セッションを通じて「対話」を促します。通常の「投資セミナー」では他の参加者とお話するきっかけがありませんが、ここでは同じ関心を持った参加者同士がワークを通じてお互いからも学び合います。


今回も「働き方」「健康」「教育」というテーマについて話し合っていただきました。


かわいい。


「働き方」「健康」「教育」は、皆が求めている目標であることは確かだと思います。ただ、その”ありたい姿”とはすぐに得られるものではなく、時間をかけて、コツコツと得られるものです。そういう意味で「長期投資」と同じです。


今回は、トレーディング部の渕上が会場運営のアシストを担当してくれて、いつもの明るいキャラで場を盛り上げてもらいました。


今回は会場で集合写真を撮り忘れたので、懇親会の場で!


さて、次回の「感謝の集い」は札幌へ向かいます。11月17日(日)です。是非とも、ご参加ください!
2019年10月21日月曜日