97.7%―カスタマー最幸戦略で結果を出したコモンズ流投資の秘密vol.2―

97.7%―カスタマー最幸戦略で結果を出したコモンズ流投資の秘密vol.1―はこちら

Q、本当に長期で積み立てるだけで「97.7%」のお仲間に入れるのですか?

97.7%に入っているお仲間がどういう方なのかを、まずお伝えしたいと思います。
私どもが運用しているファンドの保有者を年齢別に分けると、30代から40代の資産形成層が中心です。
ちなみに30代が14%、40代が25%なのですが、他の投資信託会社に比べて珍しいのは、未成年の口座件数が非常に多いということです。実に16%を占めています。



これは、0歳から19歳までの未成年者が加入できる「こどもトラスト」という口座で、基本的にご両親が契約書類を記入し、口座開設後は大人の口座と同様、定期的に積み立てていくというものです(購入方法は一括購入も可能)。
こうして月々、コツコツと積み立てていけば、お子様が成人した時、教育資金の足しにしたり、あるいは成人式の準備に充当したりするための資金を作ることができます。

それと同時に、親子でお金について学べる「こどもトラストセミナー」も定期的に開催しています。コモンズ投信の投資先となっている会社を見学するツアーなども行っており、子供たちが社会や日本のことを考えるきっかけにもなっています。
セブン&アイにてレジうち体験



また30代、40代のお仲間は、将来の老後資金などを作っていかなければならない資産形成層ですが、年齢的に働き盛りにある彼らの多くは夫婦共働きで、かつ育児に追われている人も多く、企業を研究して株式の個別銘柄に投資するといったスタイルの運用は、不向きです。
だからこそ、専門家に運用を委託する投資信託が、大勢の人たちから注目されているのです。
私たちが提供させていただいている投資信託とその周辺のサービスは、日々の生活に追われている人たちでも簡単に、長期投資の恩恵を受けられる仕組みになっています。

たとえば「コモンズ30ファンド」の投資対象は、30年というひとつの世代を通じて、長期的な成長が期待できる上場企業、30社に投資します。
本来、日本を代表する企業30社の株式に投資しようとしたら、数百万円の資金が必要ですが、コモンズ30ファンドは投資信託なので、積立投資なら月々3000円からという少額資金で購入できます。
コモンズ投信の投資信託で資産形成をしていらっしゃる方は、富裕層というよりも、普通に真面目に働いている人たちです。
そういう人たちが毎月、コツコツと積立投資を続け、かつ保有し続けた結果、97.7%という数字に結びつきました。つまり、積立投資と長期保有という2つの原則をしっかり守りさえすれば、97.7%の仲間に入ることができるのです。

問題は、長期で保有し続けられるかどうかですが、私たちは金銭で受け取れる経済的リターンだけでなく、社会問題を解決に導くことで得られる社会的リターンも追及しています。お仲間だけでなく、誰にとっても住みやすい社会を築くため、ファンドの運営管理費用の一部を社会起業家に寄付しています。

こどもの社会的孤立の予防に取組む、
2018年度コモンズSEEDCap応援先PIECES(ピーシーズ)の小澤いぶきさん
いぶきさんを講師にお招きして開催した子育てセミナーの様子

それとともに、工場見学や周年イベントなどを通じて、企業が経営理念をお仲間に伝えるだけでなく、お仲間の声を投資先企業に伝えることで、投資先企業とお仲間が対話できる場を設けています。
堀場製作所BIWAKO E-HARBAR訪問の様子

コモンズ投信の「コモンズ」とはコモングランド、すなわち共有地のことであり、そのために私たちは「参加型運用会社」を目指しています。
それは、お仲間の参加だけでなく、投資先企業が参加するという意味合いも含め、大勢の人がコモンズ投信というコモングランドに集まり、対話をすることで運用の見える化が進み、同時に社会を良い方向に進めるための原動力になります。
それをご理解いただければ、長期でファンドを保有する大切さが見えてくると思います。
<vol3.に続く>
-----------------------------------------------------------------------------------------
次回以降のコンテンツ(予定)
Q、コモンズ投信がどういう運用をしているのかを教えて下さい。
Q、長期投資の大切さを知ってもらうため、コモンズ投信はこれから何をするのでしょうか。


2018年12月13日木曜日

継続は力なり、つみたて投資の本番

おはようございます。渋澤健です。週末は、かなり冷え込みましたね。これから寒い日々が続くと思いますが、どうぞお身体をご自愛ください。

さて、株式市場の気温も急激に下がっています。日中の貿易摩擦の修復の期待は一瞬の内に終わり、新たな展開を見せています。欧州も、イギリス、フランス、ドイツと各国の首脳が窮地に立たされています。このような世界情勢で株式投資の見通しを気になさっている方々も多いと思います。

しかしながら、長期投資への関心度は変わらず高いと感じています。金曜日の東京、土曜日の名古屋は日経新聞が主催するセミナーで登壇しましたが、大勢の方々が会場にご来場くださいました。


両方の会場において、私のメッセージは同じでした。

市場が下がっている局面で、多くの投資家が退場しようとしているタイミングこそ、長期投資家が将来のために仕込める機会が訪れている、と。これは、自分が10年前に立ち上げたコモンズ投信という運用会社の立場ではなく、18年間、一個人としてつみたて投資を長期的に実践している経験からのメッセージです。

その18年間の間には、リーマン・ショックや3.11という局面がありました。相場は下がりました。多くが退場しました。ところが、そのとき、気楽にコツコツと毎月定額を購入するつみたて投資を実践し続けました。そうすると、うれしいことが起こりました。

下がれば下がるほど、もっと口数が買える! 当然ですよね。

このように考えると、気持ちが楽になり、自分が損をしている!というような焦りはまったく無縁でした。自分の「宝箱」の中の口数が少しずつ、でも、確実に増えている。

将来、その「宝箱」のフタを開けたときに、納得してこのように言うでしょう。

継続は力なり。

そう。継続するからこそ、資産が形成できるのです。

そして、自分の気持ちの持ち方によって、継続することが楽しくなります。

暑い季節から冷え込む季節になることは日本では当たり前のこと。そして、冷え込む日が続いて朝方が暗くても、いずれ必ず春が訪れます。気温が上がって夏へとなる。日本人は、このように四季をずっと楽しんできました。株式市場にも四季があります。

そのような季節を私たちは楽しむことができるはずです。なぜなら、いずれ、寒い季節は去るから。そのときには、しっかりと口数を蓄えているから。

下がっちゃうなら売っちゃうよ、とタイミングをはかる人のほとんどが体験できることができない楽しさです。

さあ、これから、つみたて投資の本番が始まりますよ!
2018年12月10日月曜日

寄付月間2018特集 コモンズ30ファンドの投資先企業の寄付の取り組み【資生堂編】


花椿基金・SHISEIDO
~三方よしの精神で社会を明るく照らす寄付のカタチ~

寄付月間学生インターンの桐葉です。
今回、推進員かつ共同事務局メンバーのコモンズ投信馬越さんとトビタテ留学ジャパンの木勢さんと共に、コモンズ投信の投資先である株式会社資生堂の寄付の取り組みについてお話をお聞きする機会に恵まれました。


社会に貢献したいけれど、どうすればよいのだろう。
そのように考えたことはありせんか?

資生堂では美しい生活文化の創造を目指し、社会の役に立ちたいと願う社員が気軽に寄付できる仕組みを整えています。
NPO/NGO法人を支援する、その名も花椿基金


社員が積極的に運営委員として盛り上げ、給料から少しずつ気軽に寄付ができる仕組みです。
社員のみなさんが共感する社会問題に取り組む団体を運営委員が毎年審査して選ばれているので、自分がより関心のある寄付先をその中から簡単に選んで応援することができます。
テーマとなる社会問題は、女性・子どもから環境・海外の貧困援助・災害被災地復興支援など幅広く展開しています。

またSocial Studies Day制度があり、関心のある社会貢献活動を会社のサポートを受けながら行えます。

このように、先進的な制度のおかげで社会価値創造に関心が高く、社員のみなさん自らが花椿基金を続けるために頑張っておられます。
社友含め3000名以上が参加されているそうです。

復興支援寄付付きフレグランスに代表される寄付付き商品を販売する事業型や、花椿基金に代表される募金型を通して、社会に「寄付という価値」を広めている資生堂。
創業者の三方よしの思いを引き継ぎ、寄付というカタチで資生堂は社会に対する感謝の気持ちを還元しているのです。

社員のみなさんが主体的に且つ気軽に寄付ができるこの花椿基金を、資生堂が一企業として続けられていることに、わたしはとても心を動かされました。
創業理念を引き継ぎ、社会へ恩返しするという熱い思いをもって働いている資生堂の社員のみなさんを、改めて心から美しいと感じました。

社員の思いを寄付というカタチにし、社会に目を向ける・社会に貢献する仕組みを整えているからこそ、資生堂は社会を明るく照らす企業であると感じ、改めて同社の社会貢献事業に注目し、かつ学んでいきたいと思っています。
左から 桐葉 木勢 馬越
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
今月は寄付月間。
コモンズ30ファンドの投資先企業さんの寄付の取り組みをご紹介したいと思います。
次回は、丸紅株式会社の100円クラブについてお届けいたします。

コモンズ投信 寄付のしくみ・寄付月間共同事務局 馬越裕子 


2018年12月7日金曜日

97.7%―カスタマー最幸戦略で結果を出したコモンズ流投資の秘密―


「共通KPI」
資産形成に関心のある人なら、きっと1度は耳にしている言葉ではないでしょうか。

KPIとはKey Performance indicatorの略で、組織やチームの最終目標を達成するための過程を計測・評価する指標のことです。「重要業績評価指標」などと訳されます。

金融庁は2017年3月、「顧客本位の業務運営に関する原則」を公表し、金融事業者に対して、KPIを自主的に設定するように促してきましたが、個々の金融事業者が設定した自主的なKPIでは、一般の人たちが顧客本位の良質な金融商品・サービスを提供している金融事業者を選ぶのが難しいという意見が多く聞こえたため、誰でも簡単に金融事業者を比較できるようにするために、共通KPIが設定されました。

今、話題になっている共通KPIは、投資信託を販売している金融機関を対象にしたもので、

①運用損益別顧客比率
②投資信託預り残高上位20銘柄のコスト・リターン
③投資信託預り残高上位20銘柄のリスク・リターン

という3つの指標について、販売金融機関に公表させるもので、このうち運用損益別顧客比率において、コモンズ投信は他の販売金融機関を寄せ付けない強さを見せました。

97.7%というのは、コモンズ投信を通じて、コモンズ投信が設定・運用しているファンドを購入しているお客様(コモンズ投信では、ファンドを購入して下さっているお客様のことを「お仲間」と称しているので、以下、お仲間と表記します)のうち97.7%の人が、利益になっているという意味(2018年3月末時点)です。

ちなみに2位はレオス・キャピタル・ワークスの91%、3位はセゾン投信の84.9%というように、上位3位までを直販系投資信託会社が占めました。

さて、どうして「97.7%」という、他を圧倒する数字が出たのでしょうか。

4回に分けて、97.7%という数字の裏側にある秘密を、コモンズ投信代表取締役社長の伊井哲朗氏に伺っていきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------------------
Q1、97.7%という数字は何を意味しているのですか。

投資信託の販売金融機関は、共通KPIとして「運用損益別顧客比率」の数字を公表しています。

もちろん、発表していない金融機関もあるのですが、各金融事業者が共通KPIの基準日とした2018年3月末で、36の金融事業者がこの数字を発表しました。

コモンズ投信の場合、基本的に直接販売の形態をとっているため、販売金融機関のひとつとして数字を発表したわけですが、正直、自分でもこの数字には驚いています。

97.7%とは、2018年3月末時点で、コモンズ投信が設定・運用している「コモンズ30ファンド」を保有しているお仲間のうち、97.7%の人たちは損失を被らず、利益を享受していることを意味します。

97.7%の内訳は、以下のようになります。

+50%以上・・・・・・・・・・・17.2%
+30%以上+50%未満・・・・・・29.1%
+10%以上+30%未満・・・・・・42.2%
0%以上+10%未満・・・・・・・・9.2%
-10%以上0%未満・・・・・・・・2.1%
-30%以上-10%未満・・・・・・0%
-50%以上-30%未満・・・・・・0.1%
-50%未満・・・・・・・・・・・0.1%

+50%以上が17.2%というのは、2018年3月末時点でコモンズ30ファンドを保有しているお仲間の17.2%が、50%以上のリターンを得ているという意味です。
逆に0%未満、つまり元本割れしているお仲間は、全体の2.3%です。

次に口座開設年別の損益状況を見てみましょう。2009年に口座を開いて、コモンズ30ファンドを購入したお仲間のうち99.4%の方の損益状況がプラスです。2011年から2013年に口座を開設した方は100%がプラスです。

これは、口座を開設した時期の、株式市場の環境もあるとは思いますが、基本的には長期にわたって積み立てて下さっている方が多いからだと考えています。

2017年は19.6%、2018年は12.3%の方がマイナスになっていますが、これはマーケットがやや荒れている状況のなかで、口座を開設して積立投資
を始めてからの期間が短いため、その効果がまだ存分に発揮されていないからでしょう。

これは良くお仲間の方や、これからコモンズ投信のお仲間になろうとして下さっている方の前でもよくお話するのですが、積立投資は長期間続けることで、初めて効果が現われるのです。

もうお分かりいただけたかと思いますが、運用損益別顧客比率で97.7%という、極めて高い数字を上げられた理由は、私たちの意を汲んで下さり、長期投資にお付き合いいただいているお客様が大勢いらっしゃるからです。
仮に、コモンズ30ファンドが優れた運用を行っていたとしても、すぐに利益確定のための解約をするようなお客様ばかりだと、運用損益別顧客比率の数字は上がりません。

それに加えて、いささか手前味噌ではありますが、ファンドの購入を申し込んで下さったお客様に対して長期投資の大切さを説明してくれた弊社コールセンター、コモンズ投信のさまざまな取り組みについて情報発信してくれた弊社マーケティングなど、まさにオールコモンズによる取り組みがあったからこそ、このような成果につながったのだと思います。<vol.2へ続く>
------------------------------------------------------------------------------------------
次回以降のコンテンツ(予定)
Q、本当に長期で積み立てるだけで「97.7%」のお仲間に入れるのですか?
Q、コモンズ投信がどういう運用をしているのかを教えて下さい。
Q、長期投資の大切さを知ってもらうため、コモンズ投信はこれから何をするのでしょうか。

ユニ・チャームの創業者の言葉

おはようございます。渋澤健です。

先週、コモンズ30ファンドの投資先企業であるユニ・チャームの創業者の高原慶一朗さんのお別れ会に参列しました。没87歳でした。都内老舗ホテルの大会場で数千人の参列者が献花している花のステージの中央に飾ってある巨大な写真から、高原さんがすてきな笑顔で微笑んでいらっしゃいました。

喪主である高原豪久社長と最初にお会いしたのは今から30年ぐらい前。知人に誘われた飲み会でした。その時、ユニ・チャームの創業者の御曹司と知人が教えてくれましたが、当時では、その同い年の男性が日本を代表する名経営者になられるという先見力は私にはありませんでした。

それから、長年のブランクがありましたが、今から15年ぐらい前に、とある「論語と算盤」の勉強会で再会しました。その後、自分が立ち上げる長期投資のファンドに高原さんが経営される会社に投資させていただくという先見力が、またその時も欠けていました。2017年のコモンズ投信8周年イベントでは基調講演、そして、私との対談に登壇いただいています。

実は高原慶一朗さんとも財界文芸誌の「ほほづゑ」の同人として、ちょっとご縁がつながっていた時期がありました。ただ、数年前に退会されていて、同誌で私が担当している対談でお話をじっくりとお伺いする機会を逃してしまい、とても残念です。

お別れ会で献花を経て高原豪久さんとご挨拶を交わしてから、ご案内された別の大会場には高原慶一朗さんが残された言葉が大きな展示で紹介されていました。







言葉が、熱いです。

そして、このように創業者の熱い言葉を大切にしながらも、時代や事業環境の変化に応じて新天地を拓いていく会社は、良い会社だなぁと感銘を受けました。


これからの、ますますのご進展に期待しています!

2018年12月3日月曜日

アジアの世紀を実現するカギ


おはようございます。渋澤健です。今回の連休で秋の行楽を楽しまれた方々が多いと思います。私は土曜日の深夜にベトナムのホーチミンに入りました。「秋」という感じではなく、こちらでもこの季節では珍しい台風が現地に直撃するというタイミングでした。
  
Horasis Asia Meeting という国際会議に初めての参加していますが、世界経済フォーラム(ダボス会議)の事務局からスピンアウトしたFrank-Jurgen Richterさんが創設したグローバル・コミュニティのアジア版です。


全体の大型会議だけでなく複数の分科会(今回は6)を通じて様々な世界的課題について対話することが特長のようです。



また、この類の国際会議の魅力は、移動中に一緒になる、食事を取るときに一緒になる、セッションの間の立ち話でいっしょになる、などインフォーマルな場です。旧知との再会、そして、色々と面白い仕事に取り組んでいる新しい方々と知り合うことができます。この人とこの人をつなげたら何か化学反応が起こるかもなど良い刺激になります。

 ちょっとナイスなサプライズは日本人参加者が多いこと。中国人、韓国人より遥かに多く、ほば全部のセッションに日本人のスピーカーが入っています。

ただ、新興企業系が多く、残念ながら大企業はゼロでした。 来年のAsia Meetingの開催地は日本になる公算が高まっていますので、実現するようでしたら、大企業からの参加も期待したいですね。

私の役目は、本日のクロージング・セッションの全体会議のパネル、Realizing the Asian Centuryです。何を話そうか、考え中です・・・

たぶん、アジアの未来志向の参考のために、日本の過去の経験、150年前の近代化の「維新」について、ちょっと紹介しようと思います。

歴史では政治が注目されるが、
近代化を支えたのは経済力である。

政治は、過去の経緯に縛られる傾向があるが、
経済は、未来志向だ。

政治は、国境がある。けれども
経済は、ボーダーレスだ。

アジアの世紀を実現するカギは、民間力だ。

どうでしょうね。
2018年11月26日月曜日

おもしろおかしく

こんにちは、福本です。

イノベーションの側にはいつも、“はかる”技術がある。
11月21日、創業以来、“はかる”技術で成長を続けている堀場製作所さまをお迎えしコモンズ30塾統合レポートワークショップを開催いたしました。

投資先企業、コモンズ投信、そしてお仲間の皆さまとの「対話」の場として恒例となった当イベント。今回は、堀場製作所さまをお招きし、管理本部 経営管理部 IR担当副部長 上杉さまよりお話をいただきました。当イベントは、夏にびわこ工場でも開催しており、今回が2回目。
(堀場製作所 上杉さまのプレゼン内容はこちらからお読みいただけます
堀場製作所の創業者は??(あれ?真ん中は・・)

ご参加の皆様には事前にレポートにお目通し頂いた上でご参加をお願いするなど、まさに「対話による価値の共創」を目指す場とさせていただきました。

主に作成を担当された天井さん
メインのグループワークでは、社是でもある「おもしろおかしく」について様々な見方が飛び交いました。




「とてもユニークな社是で、これを前面に出すことで、レポートとしても個性が出ている。その一方で、どのように“おもしろおかしく”が事業展開の中で活かされているかがわかりづらい」

「“おもしろおかしく”を体現するようなエピソードをもつ社員の方も沢山いらっしゃるはず。こうしたエピソードが盛り込まれているとより面白くなるのでは」

一方、完成度の高さについてはこちらも色々な切り口で評価をする声が多く挙がりました。


「紙質、量ともにとても良い。また、デザインも洗練され、アピールや理解を深める工夫が随所に感じられた。雑誌のように、読みたいところから読める工夫もされている」等。
「さらに言えば、文字の大きさへの配慮、色使い、若手・女性社員などの写真も多用するとよりよいものになるのではないか」。




3-4年前、これからは、電気自動車が急速に普及するといわれた頃、車の排ガス測定装置で高いシェアを持つ同社に対し、将来を悲観する声も多く届いたそうです。

しかし、そもそもの“はかる”ことへのニーズはなくなることはなく、そこに対して、同社はおもしろおかしくの精神で取り組んでこられました。


参加者からのお声を受け、上杉さまからは、皆さまからの視点はとても参考になります、とした上で、
「“おもしろおかしく“は概念なので、一人ひとり解釈違う。でも、それでいいと。
一人ひとりの“おもしろおかしく”を集めたのが『堀場製作所』であると思っています。」
というお話もいただきました。

また、最後には、担当アナリスト末山より
「“おもしろおかしく”というのは、加点主義ということだと理解しています。
コモンズ30ファンドが堀場製作所の特長と捉えている点は、グローバルで様々な高いシェアを持つ“はかる”製品があり、その背景には高い技術力があること。
こうした力がある会社ほど持続的な成長が可能になると考えています。
また、何より人を大事にしているということが堀場製作所さんの強みではないか。
そういう文化がしっかり育まれているので、またいい人が集まってくるという循環を生んでいるのではないかと思う。」
というお話をさせていただきました。

双方向の対話から生まれる「価値の共創」。



こうした場をこれからも大切に育んで参りたいと思います。


2018年11月22日木曜日