かみしほろ塾で長期投資を語る


おはようございます。週末は全国的の猛暑が続きましたが、いかがお過ごしでしたでしょうか。私は、土曜日の午後から十勝に入って猛暑からは逃れることができましたが、現地では今年一番の暑さ。涼しいという感じではなかったです。


今回は上士幌町主催の「かみしほろ塾」で藤沢久美さんと「人生100年時代を生きるための生活設計」というセッションで対談しました。旧知の藤沢さんは投信業協会の理事を長年務めていらっしゃり、コモンズ投信のフィデューシャリー・デューティー委員会のメンバーとしても色々とご指導をいただいています。

去年の12月に私がフジテレビの新報道2001に「ふるさと納税」に肯定的なコメンテーターとして出演していたときに、たまたま上士幌町町長など関係者と一緒に番組を見ていたようで、「あ、シブサワさん知ってます」というところから、今回のご縁のきっかけでした。

物品目当てに寄付することは本末転倒という意見が少なくありませんが、自分の意思によって自分のお金が公に活用されるということのきっかけづくりとしては良いのではないかと私は思います。大事なことは一人ひとりの意思あるお金が社会で循環することだと思います。

上士幌町は、この「ふるさと納税」で全国的にも成功している自治体であり、その知名度アップからも影響があると推測していますが、若者の転入で人口が増えています。(と、言っても、5000人回復の規模ですが。その5000人が東京23区と同じ面積のところに暮らしています。)出生率も1.7倍へ回復していて、全国平均を上回っています。


対談セッションでは、「貯金」と「預金」の違いから入り(皆さん、ご存知ですか?)、投資とは地域社会の「枠」の外から新たな視点や成長を呼ぶ込むことという話の展開になりました。そういう意味では、寄付は自分への金銭的なリターンを期待することではないですが、「今日よりも良い明日」の社会を次世代へバトンタッチすることの活動と考えると、これは「長期投資」ですとお話ししました。

「見えない未来を信じる力」という側面でも、長期投資も寄付は同じことだと思います。


帯広からいつもお世話になっているコモンズの「お仲間」も駆けつけてくださり、うれしかったです。お見送りいただいた竹中貢町長との記念写真に良い思い出も収めることができました。
 
当日の朝食前、宿泊先の糠平温泉の中村屋を散策しました。ポツポツと雨が降っていましたが、日常の邪念を洗い流してくれるような、ほっとするひとときをいただきました。



2018年7月23日月曜日

糸島さんが卒業

お仲間のみなさまへのお知らせ

2013年2月にコモンズ投信に入っていただき、運用部を中心に活躍してくれた糸島さんが、7月20日(金)を持ってコモンズ投信を卒業され、新しい道を進まれることになりました。
糸島さんの新しいスタートをコモンズ投信の役職員一同、心から応援しています。

これまで本当にありがとうございました。ますますのご活躍を!
 伊井哲朗

糸島さんから皆さまへのメッセージ

コモンズ投信のお客様、私を応援して下さった皆様、弊社役職員を含む関係者の皆様、大変お世話になりました。

2013年2月に弊社に入社して5年6か月。今年の1月11日に、運用部(ファンドマネジャー、投資委員会メンバー)から投資情報部(社内向けストラテジスト)へ社内異動し半年が経過しましたが、この度新たな道に進むことを決断しコモンズを卒業する決断をしました。
これからも誠実に、自身の想いを貫いて生きて行きます。
皆様、本当にありがとうございました。

糸島 孝俊



2018年7月20日金曜日

2020年に向けて!

コモンズ投信 伊井です。

東京は猛暑が続いていますが、こうした中、この度の西日本地域で豪雨に見舞われた皆さまが一日もはやく日常生活を取り戻されることを心から願っています。

さて、いよいよ2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催まで、あと2年となりました。

近代の日本の歴史において国創りを大きく変えた節目として明治維新と終戦があると思いますが、私は2020年が次の節目としてその後の日本を大きく変えていくのではないかと考えています。

あと2年で何か変わるのか?という感じかと思いますが、2050年くらいから振り返った時、きっと2020年を起点に日本は変わったと言われていると思うのです。

何が変わるのか。

①「世代が変わり価値観が変わる」:高齢化社会は当面続きますが、2020年を超えていくと高度成長をけん引した世代である団塊の世代から団塊ジュニアに人口の中心は変わります。

戦後はじめて世代が変わると言えるのではないでしょうか。世代が変わって価値観が変わらないはずがありません。

②「静かなる開国」:日本国内のグローバル化が加速するでしょう。
ご存知の通り、訪日外国人数は急増しています。2010年は861万人でしたが、昨年2017年は2,869万人とこの間で約2,000万人もの増加となっています。

政府は2020年の目標を4,000万人、その方々の消費額を8兆円と試算しています(2030年の目標は、6,000万人で15兆円の消費額で試算)。

ここで大切なのは、海外から訪日される外国人の方が増えているという単純なことでなく、その方々に満足いただけるように、言語の表示からはじまり接客、決済、物流にいたるまでの対応が進んでいるということです。

こうした変化は大都市からはじまり今や地方まで拡がっています。

③「企業のグローバル化の進展」:
日本企業の海外売上高比率の向上は続くことでしょう。

さて、こうした歴史的な変化をニュースなどで知っていくのではなく、投資信託を通じて
皆さんとこのワクワク感を共有したいとの想いから出来た商品が「ザ・2020ビジョン」です。

年初来から日本株市場は乱高下をする難しい展開が続いていますが、当ファンドは好調を維持しています。

年初から6月末までのパフォーマンスでは、TOPIX(東証一部株価指数)が-3.67%の下落、日経平均も-2.02%の下落に対し、当ファンドは+2.44%と日本株ファンド全体でみても好成績をあげています。

組入れ銘柄上位には、日本を代表する企業の変化に注目して、ソニー、任天堂もありますが、「マネーフォワード」、「メルカリ」、「サイバーダイン」、「ペプチドリーム」などこれからの時代をけん引する若い企業が組み込まれています。

こうした企業群がファンドの成績もけん引しているのです。

2020年を起点としたワクワク感を是非、「ザ・2020ビジョン」を通じて楽しんでいただけると嬉しいです。

暑い夏が続きますが、どうぞ、ご自愛ください!

ディスコのWILL経営

おはようございます。渋澤健です。 猛暑の三連休となっていますが、いかがお過ごしでしょうか。熱中症対策を整え、どうぞご自愛ください。

さて、先週、PIM対戦という面白い取り組みをコモンズ企業価値研究会で体験させていただきました。

コモンズ企業価値研究会とは、コモンズ30ファンドの投資先企業のIR、CSR、人事部、経営企画・総務部など会社と部門を超えた担当者にお呼びかけして実施している企業の非財務的な「見えない価値」の勉強会です。投資先企業同士がお互いから学び合うことによって企業の価値創造へ貢献するコモンズ流の対話です。

今回は、当研究会にいつも積極的にご参加いただいている株式会社ディスコの本社へお招きいただき、当社のWILL経営について勉強する機会をいただきました。原則オフレコの研究会ですが、ディスコからご了承をいただいので、さわりだけをご紹介いたします。


PIM(Performance Innovation Management)対戦とは部署同士が1分間のプレゼンで業務改善などを競り合う「競技」です。「コロシアム」という会場で定期的に行われていて、競技の勝敗は社長を含む社員が観客・審判としてスマホを通じて投票して決定します。

遊び心満載ですが、競技者に熱が入るのは、この勝負の結果によって自分の部署へのWILLの獲得、あるいは支払いが決まるからです。実際、年間のWILL収支によって本人の報酬もかなり変動するようです。

このWILLとは、ディスコの社内仮想通貨のような個人別清算制度です。他に仕事を頼む時にWILLを支払い、引き受ける時にWILLを受け取り、一般社員にも事業主の感覚を研ぎますことを狙っています。例えば、誰もがやりたい仕事であれば「買い手」が直ぐに見つかりますが、逆に誰もやりたくない仕事であればWILLの「価格」が上がるので、そのリスク・リターンを見極めて「買い手」が現れるという市場原理を内部の業務フローに取り組んでいる経営革新です。


WILL経営推進のご担当者の説明によると、まだまだ改良の余地があるということですが、企業にとって最大の「見えない価値」である人材の気力と知力を高めるこのような斬新的な施策に感銘を受けました。長期投資家として、素晴らしい会社とこのようにお付き合いいただけることを大変嬉しく存じます。

今回は大変貴重な学びの機会をいただいたディスコの皆様、どうもありがとうございました!
2018年7月16日月曜日

定年退職後に向けて1億円を蓄えたいですか

おはようございます。渋澤健です。西日本から東海の各地での皆さま、豪雨でご心労いかばりとお察し申し上げます。速やかに収束しますようお祈り致しております。

さて、日曜日の日経ヴェリタスの「Econo Graphics」に、ちょっと衝撃を受けました。


定年退職後に向けて準備している国民の意識が、日本が最下位という調査結果です。

最上位が、インド、中国、ブラジル。 国からの制度が整っていないということが背景にあるのかもしれません。

でも、逆に日本は国民年金、厚生年金保険に加え、iDeCoNISAつみたてNISAなど老後の生活のために様々な制度が用意されています。年金制度のラインアップが豊富なのに、国民の意識が低いことは、残念なことだと思います。

恐らく、大勢の日本人が「ない病」に陥っているのではないかと思います。
・お金がない
・時間がない
・関心がない

でも、普通に仕事しているのであれば、月に数千円、数万円の余裕資金があると思います。それを月次に積み立てる意識があれば、「お金がない」は問題になりません。

確かに、色々と忙しい日々を過ごしています。将来のための長期投資の口座開設するには時間がないと感じるかもしれません。でも、自分が与えらえた時間は、常に過ぎ去っていきます。だったら、まだ余裕がある「今」から、将来のための準備を始めた方が良いことは明らかです。

今は関心がないかもしれません。でも、将来。。。
自分の定年退職のときに、、、あ~・・・あの時に資産形成を積み立てておければよかった。。。と思うことを想像すると悔しくありませんか。

20代、30代、40代の皆さんに対して、断言します。
ゼッタイにつみたて投資をした方が良いです。それは、コモンズ投信でなくても良いです。実施していただくことが何より大事です。20年後、30年後、40年後のみなさんは、やっていて良かった~という声を上げていると思います。

もちろん、私と同年代の50代、そして60代、70代、80代、90代でもつみたて投資を実施していただくことに、何も問題ありません。つみたて投資は時間軸の分散投資です。「未来を信じる力」さえあれば、年齢問わず、つみたて投資を実践できます。

仮に、毎月3万3333円のつみたて投資を実践したとしましょう。およそ年40万円です。

そして、仮に、毎年8%の運用利回りが実現できたとしましょう。(これは、約束ではないですが、世界の株式市場の運用成果は長期的に約8%ぐらいであり、コーポレート・ガバナンスなどで企業にROE=8%を求めているということは、株主の期待リターン、すなわち、これぐらいの収益が毎年あれば良いな~という水準です。)

それが、毎年、40年間続いたとしましょう。仮に。

40年後にいくらになると思いますか?

年40万円X40年ですから、1600万円以上になることは明らかですね。。。。

答えは。。。。。

1億1600万円です。

実は、時間さえかけて積み立てすれば、誰でも1億円の資産形成は不可能ではないのです!

なのに、なぜ、日本が定年退職後に向けた準備が最下位なのでしょうか。


2018年7月9日月曜日

第9回コモンズSEEDCapの発表!

こんにちは。渋澤健です。先週の木曜日(28日)に第9回コモンズSEEDCap選考委員会が開催され、今年の候補者の志、活動、これからの進展について討議しました。


そして、その結果が本日、発表されました。

第9回コモンズSEEDCapの応援先はNPO法人PIECES(ピーシーズ)小澤いぶきさんに決定いたしました! おめでとうございます! 

小澤さんの第9回コモンズ社会起業家フォーラムの落ち着いた、しかしながら確たる芯を感じるスピーチを改めてご覧ください。誰にも頼れない、見えない「孤立」されている子供たちに未来を信じる力を養成することに精力的にご活動されています。

今回の選考プロセスも難しく、選考委員全員が頭を抱えました。公益財団法人京都地域基盤基金深尾昌峰さんは社会起業家の大御所です。また、一般社団法人Earth Company濱川知宏さん・明日香さんご夫婦は間違いなく、世界を舞台にする日本人社会起業家のライジング・スターです。

最終的に選考委員会が小澤さんに決定した主な理由は、コモンズ30ファンドに長期投資を託してくださっている「お仲間」からの推薦でした。今回のコモンズSEEDCapの選考にあたってお仲間から頂戴した3名の候補への推薦の数はおかげさまで史上記録を更新しましたが、小澤さんへの推薦の数が圧倒的に多く、また、一緒に備えられていた推薦の想いの文字の分量も多くて熱かったです。

でも、その中で最も的を得たコメントは東京都の8歳の男の子からの推薦理由。

「こどもが一人になるのはかわいそうだから。」

目頭が熱くなります。

これから一年間のSEEDCapの応援を通じてコモンズは小澤さんと伴走することになりますが、深尾さん、トモ・アスカさんとも色々な側面でご一緒できることを楽しみにしています。皆様のますますのご活躍、ご発展を大いに期待しています!

また、今年も外部選考委員会としてご協力いただいた、公益社団法人日本フィランソロピー協会の理事長の高橋陽子さん、西武信用金庫の常務の高橋一朗さん、特定非営利活動法人CANPANセンターの代表理事の山田泰久さん、どうもありがとうございました! 

そして、コモンズSEEDCapの実践を今年も支えていただいているコモンズのお仲間の皆様、心より御礼を申し上げます! 一人ひとりの未来を信じる力を合わせることによって、次の時代を共に拓くことができます。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

NewsRelease「第9回コモンズSEEDCap」応援先決定のお知らせ


2018年7月2日月曜日

今年の後半はどうなの?

こんにちは、伊井です。


6月なのに暑いなーと思っていたら、なんと本日、「関東甲信地方が梅雨明け、6月の梅雨明けは観測史上初」と気象庁が発表しました。

さて、株式市場は?というと、日経平均株価でみると2018年の大発会に741円の大幅高でのスタートとなり、1月23日には24,124円の高値まで駆け上がりました。
その後、米国の金利上昇などから
下落局面に入り、3月下旬に20,600円台まで約▲15%の下落となりました。

4月以降は、概ね22,000円から23,000円の間を行き交う相場展開でした。

今年前半のキーワードは、
①適温相場の終焉、②米国の金利上昇、③ドル高、④米中貿易摩擦でした。

また、2018年は、『つみたてNISA』がスタートした年でもあります。

6000種類を超える投資信託の中から、金融庁が示したテーマ型や毎月分配型でない長期的な資産形成に適した商品として、わずか120本ほどが選ばれました(98%の投資信託は不適合になったわけです)。

その中に、「コモンズ30ファンド」が選ばれました。

さて、その『つみたてNISA』に選ばれた投資信託が1月の制度スタートから5月末までで、どのようなパフォーマンスだったのか、日本経済新聞が報じていました。

この間、日経平均株価もTOPIX(東証一部株価指数)も2%強のマイナス、「コモンズ30ファンド」は0.98%のプラスで、全てのつみたてNISA対象ファンドの中で第4位、国内株式型では第1位となりました。

相場が適温相場で順調に値上がりしているときには、多くの銘柄が上がっていくので運用力の差は分かり難いものです。

一方で、今年前半のように乱高下するときこそ、運用力の差が現れます。年初からの半年程度ではありますが、ファンドの特徴が発揮できたと考えています。

また、まだ、運用期間が5年を超えていないことから『つみたてNISA』の対象にはならなかった「ザ・2020ビジョン」は、6月13日に設定来高値である17,014円をつけ、プラス4%強の実績を出すことが出来ました。

「コモンズ30ファンド」、「ザ・2020ビジョン」の両ファンドがこの四半期、半年をどのように運用してきたのか、あるいは、これから是非、検討してみたいという皆さまは、7月に大阪(7日)、名古屋(14日)、東京(15日)、福岡(22日)で開催される、【はじめてのコモンズ】、【運用報告会】に是非、お越しください。

皆さまとお会いできますことを楽しみにしています!

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*
いよいよ来週末より開催!運用報告セミナー申込受付中!
今回は、ファンド説明会と運用報告会を分けて開催します。
下記より内容ご確認のうえお早めにお申込をお願いいたします。
■7月7日(土)@大阪
◎はじめてのコモンズ(ファンド説明会)
◎運用報告会
■7月14日(土)@名古屋
◎はじめてのコモンズ(ファンド説明会)
◎運用報告会
■7月15日(日)@東京
◎はじめてのコモンズ(ファンド説明会)
◎運用報告会
■7月22日(日)@福岡
◎はじめてのコモンズ
◎運用報告会
=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*

2018年6月29日金曜日