投信業界の「革命」を促す独立系

おはようございます。渋澤健です。

先週、講演で初めて山口県萩市に訪れ、多くの明治維新を先導した人材を輩出したことで知られている松下村塾を見学しました。


現在は、市内の松陰神社へ移築されていますが、ちょっと山を登った元々建っていたところにもご案内いただきました。塾長の吉田松陰が生まれ育ったところで、現在はお墓があります。


この同じ景色を眺めながら、若い志士が新しい国づくりについて語り合い、夢を見て、実践したんだなぁと考えると感慨無量でした。もちろん、彼らたちだけで明治維新を起こした訳ではなく、多くの同志が新しい時代に向けて共感を覚えて、行動したから維新が実現したのです。

今年は「明治維新150年」と言われても、「ふ~ん、そうなんだ」ぐらいの反応が全国では一般的だと思いますが、山口県(長州)と鹿児島県(薩摩)では、かなりの盛り上がりを見せています。私の講演が、山口県NHKで報道されたくらいですからw。


明治維新を美化すべきではなく、実態は武力で政権を脅かした「乗っ取り」という批判もありますが、いずれにしても現状維持に対して「革命」というゲーム・チェンジャーであったことは確かでしょう。そして、改革とは権力の中心部から起こるものではなく、薩長のように、中心部から遠い、端のところから始まるものです。

現在は投信業界にも「革命」が起きていると数週間前の日経ヴェリタスが特集を組みました。確かに、今まで業界の秩序のゲーム・チェンジが求められている潮流があります。そして、金融庁が公表を促した「共通KPI」で運用損益別比率がトップ3社の共通点は、①ノーロード(販売手数料ゼロ)、②長期的な、③つみたて投資を推奨している独立系の投信会社です。業界の中心部ではなく、端っこです。

今回、松下村塾に訪れて、改めて「そうか!」と思いました。共通KPI上位三社の設立者の全員が「塾長」の指導を受けた塾生です。さわかみ投信の「ごきげん!」の澤上篤人さんは、投信業界の吉田松陰です!w
2018年11月12日月曜日

【POINTで日本知的障害者水泳連盟を応援】 ~みんなの水泳の絵 絵画展~

こんにちは。
ザ・2020ビジョン寄付のしくみ コモンズPOINT(ポイント)担当 馬越裕子です。

わたしたちコモンズ投信は、この寄付のしくみを通して、日本知的障害者水泳連盟の選手たちと出会い、選手たちの水泳に対するひたむきな想いや姿勢に感動しました。
そしてより多くの方々に大会会場に選手たちの応援に来ていただきたいと願い、連盟事務局と相談を重ね、選手たちによる絵画展を水泳競技大会の会場において共催させていただくことができました。
この夏、連盟事務局に寄せられたのは、21作品。
12人の個性あふれる魅力的な作品が集まり、そのいずれも、選手たちの「水泳が大好きである気持ち」「水泳に一生懸命である気持ち」が伝わってくるものばかりでした。

会場となったのは、第21回日本知的障害者選手権(25m)水泳競技大会が開催された金沢プール。
多くの選手やご家族がレースの合間に作品の前で足を止めて、作品に見入ってくださいました。



また作品を出展した選手たちも、自分の作品が飾られているのを見に来てくれました。





知的障害者水泳の選手たちの中には、自分の感情を外に出すことが得意でない選手もいます。
にこにこやって来るというよりは、無表情で現れる選手もいるのですが、何度も何度も自分の作品を見に足を運んでくれる姿から、選手の「嬉しい気持ち」を感じることができました。

また、作品を出展していない選手たちの中には、「これはおもしろい」とつぶやいて、写真を何枚も撮影して帰っていくという選手も。

絵画展の当日スタッフを務めてくださった連盟のコーチからも、「水泳選手としての彼らとはまた違った一面を見ることができました」という感想をいただきました。

リオパラリンピック代表 津川選手
私自身も絵画展の場で、ご家族や指導者の方々から、「レーンをまっすぐに泳いでいくというシンプルなルールの水泳競技は、知的障害者の選手にとってベストが出しやすいもの」「選手たちにどのように声かけをして、競技をサポートしているのか」など、様々お話をお聞きすることができ、更に知的障害者水泳の選手たちのこと、世界のことを知ることができました。
津川選手は、感想ノートにも一文字一文字とても丁寧に書き込んでくださいました。
この「みんなの水泳の絵」絵画展は、単に選手たちの絵を見ていただく場に留まらず、応援に来た人たちと、選手やご家族が交流できる場ともなりました。

この絵画展はコモンズの「お仲間」がコモンズPOINT応援団となって、展覧の準備を進めてくださいました。

また連盟の黒田事務局長も企画に賛同して、一緒に運営を進めてくださいました。
左が黒田事務局長 右がリオパラリンピック代表 中島選手
そしてこの絵画展は、パラスポーツ応援チャリティーソング「雨あがりのステップ」寄付金対象事業として認められ、実現することができました。

絵画展にご協力くださったすべてのみなさまに、心から感謝申し上げます。

日本知的障害者水泳連盟の選手のみなさんの益々ご活躍を、みなさんと共に応援していけることを願っています。

引き続き日本知的障害者水泳の選手たちにご注目ください。
どうぞよろしくお願いいたします。

メダル授与を担当したコモンズPOINT応援団
コモンズ投信株式会社 POINT担当 馬越裕子

2018年11月7日水曜日

コモンズ投信が考える最善の利益

おはようございます。渋澤健です。

114日(日)金沢で開催された「第21回日本知的障害者選手権水泳競技大会」で日本知的障害者水泳連盟がパラスポーツ応援チャリティーソング「雨上がりのステップ」の寄付金を活用して絵画展を企画し、コモンズ投信および「お仲間」が運営応援団として入りました。



テーマを「水泳に関する絵」として選手たちから作品を募集したところ、とても魅力的な作品が届きました。表現力が、とても豊かですね。



大会でコモンズ投信の大勢の「お仲間」の代理として応援参加したソーシャルアクション担当の馬越裕子からもっと詳しい話がシェアされると思いますが、やはり、一人ひとりが自分の自己表現を通じて他に感動を与えることは本当に大切なことだと思います。

コモンズ投信が運用するザ・2020ビジョンに長期投資を託してくださる「お仲間」たちから頂く信託報酬(コモンズ投信の収入)の約1%を活用して障害者スポーツを応援するコモンズPOINTは、このようなインクルーシブな社会を共に創ることに務めています。

投資信託が経済的リターンを受益者にお返しすることはもちろんのこと。同時に色々な方々との共創によって、より良い社会を次世代へとつなげること。これも不可欠なことであり、経済的リターン「と」社会的リターンは未来へ前進する車の両輪だと思います。


【2.私たちが考える、お客さまの最善の利益の追求】
⑤ 私たちは、社会の一員としての社会的なリターンの提供も追及します。

1031日に発表した「コモンズ投信フィデューシャリー宣言についての取組状況のご報告」も合わせてご確認ください。

一人ひとりが、未来を信じる力を発揮できる社会、そして、その力を合わせることによって、今日よりもよい明日という次代を共に拓きましょう!
2018年11月5日月曜日

「つみたての島」、「つみたての国」を目指しましょう


おはようございます。渋澤健です。

この週末は良い天気に恵まれた地域が全国的に多かったと思いますが、私は日曜日に「グロソブの島」に訪れました。

10年ほど前、かつて金融業界の売れ筋であった毎月分配型グローバル・ソブリン投資信託を人口あたり最も多く購入していたと言われる小豆島です。毎月の高分配金をはじき出すために元本まで食いつぶすという資産形成の道理に適わない商品を売りさばかれていた地域です。



小豆島には1000年のオリーブの樹が生き生きと大地に根を張って、力強く青空へ枝葉を伸ばしています。まさに、人生100年のX10という長期的な資産形成のメッセージを発信することに相応しいところです。

これからの小豆島は「つみたての島」として名が広めたい。

この想いに共感していただく現地の同志によって今回のセミナーの開催に至りました。100名ぐらいの参加者がご来場くださいまして、確かな手応えを感じてうれしかったです。



日本での「貯蓄から投資へ」という掛け声の起源は1960年代といわれています。「銀行よさようなら、証券よこんにちは」という流行り言葉もあったようです。そして、その後の時代には低金利が顕著になり、1997年の規制緩和で銀行でも投資信託の窓口販売が解禁されました。

「金利よさようなら、手数料よこんにちは」という流れが始まったのです。

ただ、投資信託とは一般個人が将来のために資産を蓄えるための商品のはずです。資産を蓄えるということは「ストック」を積み上げるということです。

顧客が投資信託を「ストック」として積み上げるべき一方、売り手である金融機関は投資信託を「フロー」ビジネスとして稼ぐ商品として注力していたのです。このミスマッチが、いままでの日本の投信業界の有様を一言で表していいます。

金融庁が求めている「顧客本位」を一言でいえば、顧客と売り手の間にミスマッチが起こらないことになります。

いままでのミスマッチが改善するためには業界が投資信託を「フロー」型事業から「ストック」型事業へと転換することが必要です。「つみたての国」である日本を目指しましょう。

株式市場の行方がわからないからこそ、つみたて投資です。市場が上がれば吉。市場が下がっても(定額で購入するとより多く口数を購入できるので)吉。つみたて投資を始める、ベストなタイミングは、今でしょう。
2018年10月29日月曜日

~子どもたちの周りに優しいつながりが溢れる未来を~コモンズジュニアの日

こんにちは。
こどもトラストセミナーや寄付のしくみを担当しているコモンズ投信馬越です。
10月14日の第10回社会起業家フォーラムでは、大勢のお仲間のみなさんを前にして、第9回コモンズSEEDCap授賞式を開催することができました。

今年度の応援先は、子どもが孤立することなく尊厳をもって生きられる豊かな社会を目指すPIECES(ピーシーズ)代表理事 小澤いぶきさんです。
同団体が認定NPO法人となった嬉しいお知らせもあった当日の授賞スピーチを、どうぞ下記リンク先よりご覧ください。
https://www.youtube.com/watch?v=jgxHW0PKX1M

さて、こちらの動画を観ていただくと、赤ちゃんのかわいい声が聞こえてきます。
実はこの日、長くコモンズのファンドに投資してくださってきたお仲間のお1人が、ご夫婦で今年誕生されたばかりの赤ちゃんとご一緒にフォーラムにご参加くださったのです。
この赤ちゃんもコモンズBABYキャンペーンでこどもトラスト口座をもってくださった赤ちゃん投資家さんです。

ご自身のお子さんの未来だけでなく、すべての子どもたちの未来のために、自分たちに何ができるだろう、と、このようなフォーラムにご参加くださるお仲間の存在は、わたしたちコモンズ投信の宝物です。

コモンズBABYプログラムのプレゼントの一つには、寄付の選択もあります。
既にご自分のお子さんのこどもトラスト口座開設のプレゼントに、寄付をお選びくださった方もいらっしゃいます。

「みんなで新しい命を祝福し、みんなで育てていける社会を」。
そんな未来をしっかりとみなさんと共につくっていきたい、それはコモンズ投信の大きな願いのひとつです。

コモンズ投信は、10月28日を「ジュニアの日」として、子育て世代とこどもたちを応援しています。
その「ジュニアの日」にちなみ、今年度コモンズSEEDCap応援先の小澤さんからメッセージをいただきました。

小澤いぶきさんと当日のスピーチのグラフィックレコーディング
子どもたちの痛みや声が誰にも届かず、
誰にも頼れず、
優しいつながりをもたず、
安心できる関係性を知らない。

そんな孤立が生まれ続ける不信に満ちた明日よりも、
子どもたちの周りにたくさんの優しいつながりがあり
自分の存在を肯定され、寛容な関係性を通して、
社会と繋がっている。

そんな、人の想像力から生まれる
優しい未来を創りたくて、
PIECESでは、
子どもたちの周りの分断が滑らかになり、
寛容さが生まれていくような、
つながり作りをしています。

誰もが持つ想像力により、分断がつながり、
子どもの生きる未来に平和が訪れると信じて活動しています。

想像力の羽を一緒に広げ、
すぐ隣にいるかもしれない、
一人で生きているかもしれないあの子にも、
優しいつながりが生まれる明日を作っていけたら嬉しいです。

You are a piece of peace.

また、今回のフォーラムには、プレゼンテーターとして昨年度応援先の一般社団法人more trees 事務局長 水谷伸吉さんも駆けつけてくださいました。

more trees 水谷さんとコモンズ投信 馬越
水谷さんからもジュニアの日のメッセージをお寄せ頂きましたので、ご紹介させていただきます。

こどもたちの未来に素敵な社会を築くために、
一人の市民として、一人の消費者としてできることはたくさんあります。

お金の使い道を見つめ直すもその一つ。
たとえば服や食べ物を買うとき、
どこの産地のどの生産者のものを選ぶか、
あるいは家具を買うとき、
どの国のどんな素材でできたものを選ぶか、
それは購入を通じてその産地や製品を応援する、
いわば投票行為のようなものです。

寄付や資産運用にも同じことが言えると思います。
どんな社会を一緒に目指していきたいか、
そんな視点で投資する企業や応援する団体を
選ぶことは、まさに投票ですよね。

私たちmore treesは
国内外で森林を保全する活動を進めていますが、
「木を植え、育てる」ことも
未来への投票であり、投資です。

豊かな生態系を育み、気候変動を緩和し、
さらには水資源や木材など様々な恵みを
私たちにもたらしてくれる森林をこれからも残し、
増やしていくことで、一緒に美しい地球を
次世代につないでいきましょう!

Let’s go green !!


またフォーラムでは今年も夏休みこども絵画コンクールの作品すべてを飾らせていただきました。この度、コモンズ賞、ドリーム賞の受賞者も決定!コモンズ賞受賞作品は、来年春発行の目論見書の表紙になる予定ですので、どうぞお楽しみに!
フォーラムにお父さんとご参加くださったお子さんが、30年後の絵画コンクールの作品に見入ってくれています。
こどもたちの30年後の夢の世界に、むしろわたしたち大人の方が勇気と元気をもらうことができます。
さぁ、わたしたち大人はこどもたちに何ができるでしょうか?

10月28日は「コモンズ・ジュニアの日」。

みなさんにとっても、こどもたちの未来に何ができるか、ご自身ならではの一歩を踏み出していただけるきっかけの日となりましたら幸いです。

【フォーラム懇親会にて、小澤さんと参加者の皆さん】
『子どもたちの周りに優しいつながりが溢れる未来を』共につくりませんか?

2018年10月26日金曜日

”Purpose” 最近よく聞く言葉です

おはようございます。渋澤健です。

この言葉は、世の中の社会的課題を真摯に取り組んでいるグローバル・プレイヤーたちから最近よく聞くようになりました。

最近、経済同友会のSDGs研究会においても、ユニリーバネスルから発された言葉でしたし、昨日の日本経済新聞朝刊で世界最大の資産運用会社であるブラックロックのラリー・フィンク会長からも発されています。【企業、社会貢献の理念示せ

”Purpose”とは「理念、存在意義」と訳されています。今まで、私は”Mission”が理念や存在意義と思っていて、そのような考えでコモンズ投信の設立来の取り組みをMissionとして言語化しました。
 
一人ひとりの見えない未来を合わせて、次の時代を共に拓く

でも、我々がまとめていたのは、ひょっとすると”Purpose”だったのかもしれませんね。

フィンクさんは記事で、このようにご指摘されます。「企業の存在意義は利益を稼ぐことに集約されていたが、利益を超えるものを求める社会の声は強まっている。」

ん? Sounds familiar....  これは、21世紀版の「論語と算盤」~道徳経済合一説でしょうか。

ブラックロックが設立来から、このような理念があったかわかりませんが、恐らく世界最大規模(GPIFの4倍)の資産運用会社となると、さすがに世の中への責任感を感じているのかもしれません。

私たちコモンズ投信は規模では全く比べものにならないです。でも、現在からもっともっと規模が小さい創業時から長期的な経済的リターンと社会的リターンを同様に求めていたと自負しています。

10年を経て、おかげさまで97.7%のコモンズ投信のお仲間(受益者)の直販の口座がプラスの利益になっています。

10年を経て、おかげさまで毎年、コモンズ社会起業家フォーラムおよびコモンズSEEDCapを開催しています。


私たちは、一人ひとりが「今日よりも、よい明日」を実現させることを支え、日本の再起動のスイッチを入れるという社会的インパクトの想いで創業した資産運用会社です。私たちは世界最大の資産運用会社ではありませんが、私たちコモンズ投信のお仲間の皆さんは世界最高だと思っています!皆さんのおかげで、今までの10年があるのですから。

本当にありがとうございます。
2018年10月22日月曜日

鎌田さん、卒業です。

こんにちは、福本です。
今日はいつもコモンズを応援してくださるお仲間の皆様へご報告があります。

今月(10月)末をもって、シニア・アナリスト兼ポートフォリオマネージャーの鎌田さんがコモンズ投信を卒業することになりました。

10月20日に大阪で開催した運用報告会にて、本人から、ご参加いただいた皆さまに直接退職のご報告とご挨拶をさせていただきました。以下に紹介させていただきます。



2014年に入社し、約4年、コモンズ投信でお世話になりました。

直販投信で働くというのはもちろん初めてで、それまで同じ運用業界にいながらもお金をお預かりしているお客さまのお声を直接聞く機会はありませんでした。

ですから運用報告会などの場を通して、お客さま(受益者)と会話をする、直接対話をする、という機会に恵まれたことは、貴重な経験となりました。

『こういう方々のお金をお預かりしているんだ』という実感は、それまでもきちんと理解しようと努めてはいました。

しかし、まったく重みが違いましたし、たくさんの対話を重ねる中で、一人一人からいただくお声の意味が腹落ちしていき、使命感をもって運用にまい進する原動力となりました。本当にありがとうございました。

今後、わたくしはコモンズを卒業しますが、伊井を中心とした運用メンバーがこれまでと変わらず、そしてますますお客さまのためにまい進していくということに変わりはありません。

どうぞ、引き続きコモンズ投信をよろしくお願いいたします。」

その場で伊井からも、「まずは、お客さまにここまで育てていただいたことの感謝を申し上げます。本当にありがとうございました。これまで鎌田とも話を重ねてきましたが、本人のこれからの成長のためにも心よく送り出すことを決めましたので、ご理解と、皆さまにもこれからの鎌田にますますの応援をお願いしたいと思います。
そして、私としてはまた鎌田がコモンズに戻って活躍してくれることも期待して!(笑)成長を見守っていきたいと思います!
最後に、コモンズとしては人材の拡充と運用部の体制強化を進めていくことをお約束します」とお伝えさせていただきました。

その後の懇親会でも、永年温かく見守ってくださったみなさまからたくさんの励ましのメッセージをいただき、大阪を後にした次第です。

運用報告の場を皆さまへのご挨拶の場とさせていただいたのは、私たちがどんな時もご説明が必要なことは直接お客さまにお伝えしていきたいと考えているからです。
一方で、本来であれば、全国にいらっしゃるコモンズのお客さまにご挨拶すべきところ、それが叶わず、そのことについては大変申し訳なく思っております。

鎌田さんは2014年の入社以来、ザ・2020ビジョンの立ち上げや、コモンズ30ファンドにおいても、それまで走りながら創り上げてく中でご説明が不足していた部分を丁寧に固めていく作業に熱心に取り組まれていました。

4年以上前になりますが、当時こんなことを話してくれていたことが当時のブログに残っています。
「いつも根底にあるのは、自分の運用が本当にお客様のためになるものでありたい、もっと一般の人が豊かになることをお手伝いし、社会の繁栄に貢献できる仕事をしていきたい、という想いです」と。
これからも変わらない想いで自らの仕事にまい進されることでしょう。

最後に。
鎌田さんは決して多くを語るタイプではありませんでしたが、とても真っすぐで、とてもとても真面目で、とてもとてもとても勉強熱心で。心から運用業が好きなんだなあ、と。プロフェッショナルとして真摯に取り組む姿をいつも尊敬の念で見ておりました。
いつか話してくれた、
「魂は細部に宿る」。
鎌田さんの仕事ぶりを体現した言葉だと実感しています。
プリファードネットワークス長谷川さまへの取材様子。

マネーフォーワード瀧さまを取材。

周年イベントにて。
いつも投資先企業へは敬意をもって接しています。

でも、鎌田さんと言えば思い浮かぶのは、はにかんだ、優しく穏やかな笑顔です。

鎌田さんのますますのご活躍は間違いないと確信しています。
私たちも、もっともっと成長し、より多くの方と笑顔を分かち合えるように頑張っていきます。

2018年10月21日日曜日