【第12回コモンズSEEDCap最終候補者の3名のうち1名が決定】

こんにちは。

マーケティング部馬越です。

コモンズ投信には投資信託の運用・販売のほかに、もう一つの本業と位置付ける大切な取組みがあります。
それが寄付です。

*コモンズSEEDCapについてはこちら
https://www.commons30.jp/fund30/seed.php

コモンズSEEDCapの応援先は、毎年春にお仲間の皆さま※の声を参考に外部審査員を含む最終選考委員会において決定しています。
※3月末時点で当社口座にてコモンズ30ファンドを保有されている受益者

その選考過程は、過去のフォーラム登壇者全員を対象として最終候補者3名を選ぶところから始まりますが、そのうち1名は直近に開催された社会起業家フォーラムより選ばれます。

次回、第12回コモンズSEEDCap最終候補者3名のうちの1名を、先日のコモンズ社会起業家フォーラムに登壇いただいた『NPO法人チャイボラ 大山遥さん』に決定いたしました。

多くの応援と共感の声が、大山さんご自身と大山さんが取組む課題に寄せられ、今回の決定となりました。
大山さんのスピーチはこちらからご覧いただけます。

●自身が関わる仕事が児童領域なので、とても共感しました。これからの未来を担う子どもたちが、一人でも大切に育てられる。そんな世の中を実現して欲しいと思いました。また、活動内容を伺うに、社会インパクトの強さが一番大きいと想いました。

●行動力に脱帽です。そして課題を見抜く力やアプローチも素晴らしいと思いました。今自分の子を育てていて、毎日大変です。とてつもなく可愛いけれど、本当に大変です。それでも私は周りのサポートもあって、何とか子育てができていますが、それが叶わない人(可愛いと思いながらも暴力をふるってしまう等)も世の中にはいるのだと思うと、涙が出てきます。私自身も児童養護施設に関わりたいと願う一人ですが、何ができるのか分からないでいます。ぜひ将来、地域の人たちが児童養護施設に関わる受け皿が出来たらありがたいです。応援しています。

上記は当日参加された方がアンケートで伝えてくださった大山さんへの応援メッセージです。

第12回SEEDCap最終候補者他2名は、2021年2月実施予定のSEEDCap選考委員会において選定し、発表いたします。
2021年3月最終営業日時点で弊社にてコモンズ30ファンドを保有されているお仲間のみなさまは、2021年5月頃に予定されている最終選考で応援先1名を決定する際に重要となる「推薦の声の権利」があります。
ぜひ参加したい!という方はコモンズ投信にて口座開設、ファンド保有を期日までにご検討ください。

現在引き続き公開中の社会起業家フォーラムのスピーチ動画も視聴数を伸ばしています。
今年のフォーラムにはたくさんの初参加の方もいらっしゃいました。
またリアル開催からオンライン開催となった今年であっても、継続して参加してくださる方も少なくありませんでした。

毎年参加してくださるお仲間からこんな嬉しいお言葉もいただいています。

『今年も新たな学びと感動を戴くと同時に、皆様へのメッセージに「頑張ってください!」と書いたものの、「自分がもっと頑張らなくては!!」と思わせていただきました。何より響いたのは 皆さんの「行動力」です。第12回、干支で言えば1周。どんどん広がりながら継続するって、本当に凄いことだと思います。私は、この「社会起業家フォーラム」を通して沢山学び、価値観や概念も変わりました。本当に有難いことと思っています。登壇された方々も、視聴する方々も 多くの方が同じように感じ、感謝されていると思いますし、物凄い社会貢献だと思います。これからもどうぞよろしくお願いします。』

皆さんのより良い未来へのアクションや未来を信じる力を生み出す原動力、このフォーラムがそういう存在であり続けられることはわたしたちコモンズ投信の本望です。
多くのみなさまのご参加と共感に心から感謝いたします。

第12回コモンズ社会起業家フォーラム登壇者ページが更新されましたので、今一度フォーラム登壇者のみなさまのスピーチと活動にご注目ください。
https://www.commons30.jp/fund30/entree.php



2020年10月30日金曜日

学生たちが感じた第12回コモンズ社会起業家フォーラム(法政大学 経営学部 佐野哲ゼミ編)

こんにちは、社会起業家フォーラムを担当しているうまごえです。

さて、気がつくともう6代目になりますね。
第7回コモンズ社会起業家フォーラムから開催スタッフとしてお手伝いくださるようになった法政大学 経営学部 佐野哲ゼミナールの学生さんたち。


今年のフォーラムは新型コロナ禍にあって開催は完全オンライン。
そんな中、スタッフとしての参加は難しくても、ぜひ何かできることはないかということで最後の交流会まで参加してくれた3名が、自身の感想を寄せてくれましたのでご紹介させていただきます。
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

初めまして。
法政大学経営学部の小駒海晴と申します。
私はいま、就職活動に取り組んでいます。就職活動を通して、今までの自身の経験を振り返ったり、これから何を目指してくのかなどを明確にするなど、自分自身と向き合う時間が増えました。
しかし、そのように振り返りを行い、企業の説明会やインターンに参加しても、「本当にやりたいこと」が全く分かりませんでした。
それにもかかわらず、周りの雰囲気に流されて就職活動をつづけ、思ってもいない志望動機を考えるなど、悩みを持ちながら続けている状態でした。
そんな中、私が所属しているゼミ経由でこの社会起業家フォーラムの情報を得ることができました。それぞれの信念のもと行動をし続けている社会起業家の方の言葉を聞くことによって、新たな発見ができるのではないかと思い、参加を決意しました。
私が思っていた通り、社会起業家の方々の言葉一つ一つに発見がありました。それぞれの方が、大きな選択や決断をし、社会のために行動をし続ける姿にとても心を打たれました。
その中でもTech For Japanの中原さんやNPO法人チャイボラの大山さんには大きな影響を受けました。信念の強さや叶えたいことに向かって突っ走る行動力の強さは、ずば抜けて感じました。やはり、そういった強さが、「夢をかなえる人」と「夢をかなえるための準備で終わってしまう人」の差なのではないかと痛感しました。



他の社会起業家の方々からも、多くのことを学ぶことができ、とても充実した4時間を過ごすことができました。私自身が「夢をかなえる人」になるために、真摯に自分に向き合い、自分の選択に対して嘘をつかないで生きていこうと決意できました。
このような貴重な機会を与えてくださったコモンズ投信の皆さん、言葉と行動で新たな発見を与えてくださった社会起業家の皆さん、本当にありがとうございました。
佐野哲ゼミ 3年 小駒

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

法政大学佐野哲ゼミナールの川本 と申します。
今年で大学生活も2年目を迎え、就職活動の時期が徐々に迫っていることを感じながらも、私は自分の将来がうまく想像できず、悩んでいました。そんな時に私が所属するゼミナールを介して、この社会起業家フォーラムの存在を知りました。
起業という言葉は知っているものの、大学卒業後は就職だけを考えていた私にとって、これは新たな世界を知ることのできる絶好の機会だと感じたため参加を決意しました。
実際に参加させていただくと、スピーカーの皆さんの社会に対する想いと問題解決のために自分にできることを考え、行動する姿勢に感銘を受けました。
特にNPO法人 e-Educationの三輪さんのお話にありました「国際協力が逆転する未来(途上国の若者たちが先進国の課題を解決する未来)」は素晴らしいなと感じました。
三輪さんのお話を聞く中で、海外の国々は良い方向に進んでいく一方で日本は大丈夫なのだろうかと不安を感じていましたが、先進国が発展途上国を支援することで日本の社会問題を解決することにつながるのだということを知ることができました。


最後になりますが、今回の社会起業家フォーラムを通して、想いを仕事にし、社会に還元していくことの素晴らしさや、そういったことが私たちにもできるのだということを理解することができ、私自身の将来に対する視野は格段に広くなったと思います。
今日からは日常生活の中に存在する様々な問題やそれらに対する自分自身の想いを大切にしながら生活していきたいと思います。
佐野哲ゼミ 2年 川本

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

法政大学佐野哲ゼミナールの小原と申します。
ゼミ教授である佐野哲教授と渋澤さんとのつながりから、コモンズさんのイベントに何度か参加させていただいております。社会起業家フォーラムへは2度目の参加となりました。
今回一番印象に残ったお話は、NPO法人アクセプトインターナショナルの永井さんのお話です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
昨今、世界中で話題となっている国連のSDGsという目標には「誰一人取り残さない」という大きな標語があります。そうしたこともあり、子供や難民、そして高齢者やLGBTQなど、取り残されやすい人々をどうにかしようという議論が各地で活発になされています。しかしながら、そこに、いわゆるテロ組織にいた人々、そして今もいる人々の姿はありません。
「未来を創る若者を応援しよう。」
「すべての人に人権を。」
などというときも、彼らはそこにいません。
テロや紛争、そしてこの世界中にある憎しみの連鎖を断ち切るためには、その文字通り、誰一人として取り残されない世界を、意識し実現していく必要があるのではないでしょうか。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
まさにガツンと頭を後ろから打たれたような衝撃を感じました。
安全でやりたいことをやれるような生ぬるい環境で育ってきた私には、彼ら側からの視点は欠如していました。
私事ではございますが、現在就職活動を行っております。これからの人生をどのように生きて、どのような社会問題に向き合い、そしてどのような価値を社会に与えていくか考えている最中です。
そんな状況の中、永井さんや他の社会起業家の皆様のお話を聞くことができて、視野が一気に広がりました。
「新しい気づきを得て、新しい自分に出会える。」
そんな一日でした。
今の自分にできることは本当に少ないですが、投資や寄付、ボランティアを行いながら、より良い未来を創っていく一員になっていきたいと思います。
佐野哲ゼミ 3年 小原

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

法政大学佐野ゼミの3人の学生のみなさん、まっすぐなフォーラムの感想を届けてくださってありがとうございます。


みなさんの「新しい自分に出会えたこれから」も、とっても楽しみです。

みなんさんの「未来を信じる力」も応援しています!



第12回コモンズ社会起業家フォラーム当日の様子は、こちらのブログをご覧ください。
『自分の未来を信じる力を呼び覚まそう!』

2020年10月20日火曜日

第12回コモンズ夏休みこども絵画コンクール終了

今年も開催しました同コンクール!まずはこちらの動画をご覧ください。



日本各地のこどもたちが、未来の絵を描き、コモンズ投信に届けてくれました。

昨年に引き続き民間学童保育のウィズダムアカデミーの子どもたちも参加、また、今年は新たに社会起業家フォーラム登壇者OG であり昨年のコモンズSEEDCap最終候補者でもあった鳥居晴美さんの子供地球基金のワークショップに参加された子どもたちも「未来の絵」にチャレンジしてくれました。

以下同団体のニュースレターにて当日の様子をご覧いただけます。

2020712 群馬県館林市にてロヒンギャの子ども達

202087日埼玉県さいたま市・てらこや新都心の子どもたち達

https://www.kidsearthfund.jp/news/newsletter78/

そして今回コモンズ投信の社員の投票により目論見書の表紙となるコモンズ賞に選ばれたのはこちらの作品です。

「未来のエレベーター」(深海から宇宙まで1本の木がつなぐ)(9歳の作品)。


また特別賞は以下4点が選ばれました。

「30年後の平等院、今と変わって欲しくない」(6歳の作品)

動物がしあわせな世界(10歳の作品)

30年後の病院(9歳の作品)

30年後の公園(7歳の作品)


今年もたくさんの素敵な作品をありがとうございました。

これからもコモンズ投信スタッフ一同、子ども達の未来を信じる力、応援していきます!

マーケティング部 馬越裕子

2020年10月5日月曜日

資産づくり、避けてほしいこんな失敗

 今年もはや、9か月が過ぎようとしています。

年初、昨年末からの流れを引き継ぎ好調にスタートしたマーケットも、世界的なコロナ禍の拡大への懸念から3月には1月の高値から30%以上下落する事態に見舞われました。

その後、各国が協調して財政や金融政策をとったことが功を奏し、足もとで、マーケット全体としてほぼ、コロナ禍の前の水準にまで戻しています。

 

資産づくりをコツコツ励まれている皆さまにとっても、今年は学びの多い年だなあと感じているのではないでしょうか。

私たちは日ごろから、積立は「なるべく早く始めて、続けること。解約はお金が必要な時に」と繰り返しお伝えしています。



こうしたメッセージが届いていたのか、3月の下落局面でもつみたて契約の中止や減額、解約といった動きはそう多くなく、結果としてこの時期には安くたくさんの量が購入できたので、多くの方が6-7月には損益がプラスに戻っていらっしゃいました。

 

もちろん、積立投資そのものへの支出を見直さなければいけない、というケースもあると思います。

そういった場合でも、減額はするけれども休止はなるべく避ける、またお金が必要な場合は必要な金額だけ解約する、といった形で対応していただくとよいと思います。

一度休止をしてしまうと、再開には手間と気持ちの両面で二の足を踏んでしまいがちだからです。

 

また、コモンズでつみたてプランをご利用いただいている方の中には、コモンズ30ファンドとザ・2020ビジョンの2つのファンドの両方で積立を行ってくださっている方も多くいらっしゃいます。

その中で、積立の合計金額はそのままに、ファンドごとの毎月の積立金額を変更するケースをたまに見受けるのですが、これは合理的な行動とは思えません。

具体的には短期的なパフォーマンスだけを見て好調な方のファンドの金額を増額する(もう一方のファンドを減額する)、といったケースです。
積立投資の有効性がより発揮されるのは、「一定期間、一定額を一定期間継続する」場合ですので、前述のように、金額変更は支出の面からその見直しなどが必要な時であって、基準価額の動きで判断するのはオススメできない、ということです。

 

資産づくりに、難しいテクニックや価格を追うことは不要です。

一度決めた金額を、なるべく継続すること、が成功の最大の秘訣です。

2020年9月25日金曜日

ものもお金も使われてこそ価値を生み出す


9/6(日)こどもトラストセミナーで 【メルカリ】を体験しよう!~ものとお金の価値を学ぼう~をオンライン開催しました。

参加してくれたのはコモンズ投信に口座を持っている25人の小学生です。(参加資格を問わない見学枠も設けました)

クイズやワークをふんだんに織り込んだ楽しい内容で、チャットや画面を通してのやり取りも活発で大変盛り上がりました!


当日のセミナーの内容や様子はメルカリさんの記事に詳しく書かれていますのでそちらをぜひご覧ください。

こども向け投資イベントで、メルカリを使ってものとお金の価値を学ぶワークショップを開催しました! #メルカリな日々

私たちが実施しているこどもトラストセミナーおかねの教室のなかで繰り返し話している「おかねは(ものも)ぐるぐる回って未来をつくる」というメッセージ。

メルカリさんが“ものとお金の価値を学ぶこども向けのセミナー”を実施していることを知り、一緒にセミナーを開催していただけないかオファーしたことがことのはじまりです。

実は、近頃はおかねの教室でも「メルカリ」の例をあげて、こどもたちに価値と値段の違いについて説明していたのです。

セミナーの最後にほんの少し時間をいただいて、こどもたちに「お金の循環」について話しました。

『ここに1000円札があります。私が1年間この1000円札を引き出しに入れて大事にしまっておいたとします。1年後この1000円が生み出した価値は??0円ですね。おかねは人の役に立つことができませんでした。

では、次に、私がこの1000円を使って何かを買ったとします。それを売ってくれた人はその1000円で別の何かを買い、さらにそれを売ってくれた人がその1000円でまた別の何かを買って…1年間で3人の人の手に渡ったとしたらどうでしょう? 1000円の商品が3回売れたので、売上1000円×3回=3000円となり、この1000円は3000円分の価値を生み出したことになりますね。さらに言えば、商品を買った3人も1000円分の価値の商品が手元に残っていますね!こうしておかねは世の中をぐるぐると回ることで人の役に立つ力を発揮します

「ものもおかねも必要以上に抱え込まずにぐるぐる回す!」

これこそ、これから私たちが豊かに元気に楽しく暮らすコツだと思います。』

今日のセミナーを聞いた皆さんはものもお金もぐるぐる回して、しっかり使える人になってくださいね、と締めくくりました。


おかねの教室ではこれまでも「価値」という抽象的なものの説明に試行錯誤を繰り返してきました。今回のようにものやサービスなど形ある目に見える具体例があることで、こどもたちも価値についてぐっと理解しやすくなったようでした。


メルカリはコモンズ投信のファンド、ザ・2020ビジョンの投資先企業でもあります。

「地球の資源が大切に使われ循環されていく豊かな社会を実現するサービス」「ものを捨てない選択肢や、ものを大切に使う気持ちを育み、これからの世界を生きていく子どもが、限りある地球資源を大切に使う循環型社会について考えるきっかけづくりの取組み」、そういった企業の姿勢や成長性を私たちは長期投資家としても高く評価しています。

メルカリさんとは今後も共に未来をつくっていくパートナーとして、様々な取り組みをご一緒したいと思いました。

マーケティング部 横山
2020年9月23日水曜日

アフターコロナの会社の存在意義とは

おはようございます。四連休はいかがお過ごしでいらっしゃいますでしょうか。

私は、ほぼ予定が入っていないので、来週以降の講演資料の準備や締め切りがある複数の連載記事の執筆に当てています。が、予定通りに、なかなか事が進まないですね…w

さて、年末に向けて「銀行員のための『論語と算盤』とSDGs(仮)」という書籍企画の執筆の準備のために先週からご厚意いただいている地域金融機関の経営トップの方々に取材をお願いしています。

やはり色々とお話をお伺いしたり、意見交換すると色々なアイデアが浮かんできて、とても参考になります。いままでの対話の中で、これは良い!と思ったことをひとつご紹介させていただきます。

めぶきフィナンシャルグループの小野訓啓さんから頂戴したアイデアです。小野さんは(コモンズ30ファンドの取り扱いでお世話になっている)足利銀行の取締役の在任中に、私が主宰している『論語と算盤』経営塾の塾生になっていただいたご縁からお付き合いをいただいている方ですが、フットワークが軽くて知的好奇心が豊かな銀行マンです。

取材インタビューの内容は、アフター・コロナのこれからの地域金融機関の有り方について色々とお考えを賜りましたが、その最後の一言に小野さんがご指摘されたお考えが最も印象的でした。小野さんから「是非、使っていただきたい」ということなので、お言葉に甘えて、ご紹介したいと思います。

アフターコロナの会社は以下になります。


つまり

ですね。

ということは、、、この二つを合わせると

になります。

アフターコロナの(地域金融機関のみならず)会社の存在意義とは何か。それは「付き添う」こと。素晴らしいです!

株主資本主義からステークホルダー資本主義へという意識が欧米社会でも広まっている現在、確かに会社の存在とは、株主のみならず、社員、取引先、顧客、そして、もちろん社会や環境などと付き添うことが大事になります。

まさにコロナ禍を経て、社会が求めている会社の存在意義とはACCOMPANY(付き添う)ことで、よりよい人間社会を共創することだと思います。

会社の存在意義とは20世紀モデルであった「利益最大化」から21世紀モデルである「価値最大化」へと意識が高まっています。これが現在の時代の先進的な潮流だと思います。「付き添う」存在は、大事な価値を提供していることに間違いありません。

小野さん、素敵な示唆をいただき、どうもありがとうございました!

2020年9月21日月曜日

前政権の「継続」とは「宿題」に答えを返すこと

おはようございます。渋澤健です。
本日は自民党総裁選が実施されます。令和時代で一番最初に就任する日本の総理大臣が実施的に決定することになりますね。

株式市場は今までの日本政府の経済政策が継続されると想定していて、新しい時代の新しい総理大臣の登場にマーケットのインパクトは限定的と考えているようです。

2012年に発足した長期政権の経済政策である「アベノミクス」は初期ではかなりマーケットにインパクトを与えました。けれども、最近は「アベノミクス」という活字を紙面で見ることもすっかり少なくなっていて、影が薄くなっていました。

しかし、景気のピーク感がある最中で世界を直撃したコロナ禍を被っても、株式市場が直近の高値圏へ戻しています。アベノミクスの第一の矢(金融政策)と第二の矢(財政政策)の株式市場への影響は、良くも悪くも、確かであると言えるでしょう。前政権の経済政策の「継続」ということは、第一と第二の矢が継続するということになります。

しかし、「アベノミクス」は宿題も残しています。その宿題は第三の矢である構造改革です。 

前政権の政策を「継続」するということであれば、この宿題への答えを返していただく必要があります。 実務を執行する手腕がある実力派という評価されている総裁・総理大臣候補であるからこそ、その期待にはお応えいただきたいと思います。
2020年9月14日月曜日