コ・門・センス~間のお話し

おはようございます。渋澤健です。

私は「論語と算盤」経営塾という会を主宰していて、今年の5月から9期生を迎えます。年齢、性別、分野、地域が多彩で、且つ好奇心と行動力が豊富な塾生に恵まれているので、そのご縁を継続するため、年に3回ほど、OBOG勉強会も開催しています。先日の会にはカフェカンパニー楠本修二郎さんを講師としてお招きしました。


楠本さんにとって「論語と算盤」とは「ビジョンとビジネス」や「夢と実績」という未来志向だそうです。

私にとって「論語と算盤」は「と」の力。一見、矛盾に見えても、その矛盾の中に潜んでいる新しい価値の創造を見つけて、実現できる力です。

楠本さんのお考えとシンクロしていると感じていて、お話しすると、いつも視野が広がって刺激的です。

楠本さんは「空間」づくりの名人です。豊かな感性を活かして、様々なテーマのカフェを100店舗以上つくっています。カフェとは人々が集まる空間。コーヒーを楽しみながら、情報交換し、そこから新しい価値を創造する場でもあります。保険業界で著名なロイズの起源とは商船の貿易商人が集まってきたコーヒーハウスでした。

その「空間」に「時間」を過ごす「人間」。この3つの「間」について話が盛り上がりました。私は「間」という漢字がすてきだと思っています。「門」から「日」の出が見えるワクワク感が「間」です。まさに、コモンズ投信で言う「今日よりも、よい明日」です。

その話を受けて、楠本さんが手元のペンで、こんなイメージを描いてくれました。


良いですよね~♪

楠本さんもL.A.で関与されている「クール・ジャパン」の外務省プロジェクトであるJapan Houseの説明資料で日本人の感性を「間」とキーワードで結んでいます。楠本さんは「間」をsenseと英訳されていましたが、う~ん・・・・さすがに、抜群のセンスの持ち主ですね! 感銘を受けました。

コモンズ投信の社名の由来は「コモン・グラウンド」です。人々が集まってくる共有地、つまり「空間」です。そこに集まってくる人々は長期投資という「時間」をかけて、「今日よりも、よい明日」という夢を実現する場所です。

分野が異なるものの、カフェカンパニーが実践しようとしていることと、コモンズ投信が実践しようとしていることは、同じなんじゃないかなと思っています。

翌日の通勤電車で、その余韻を楽しんでいるところ、ふと思いました。

「コ」、つまり、共に「門」から眺めて見える「日」の出から生まれてくるsenseが「間」。これは、コ・門・センス(common sense)ですね! 

「今日よりも、よい明日」という未来志向です。

コモンズ投信を仲間たちと一緒に設立したセンスは、まさに、これなんです♪

カフェと同じような雰囲気で、気軽に立ち寄ってくれる「空間」(コモンズ)で「時間」を過ごしてくださる「人間」の想いの共感、共助によって「今日よりも、よい明日」を共創する。これが、コモンズ投信が目指しているところです! 是非とも、ご一緒にどうぞ!
2017年3月27日月曜日

8周年イベントでのご質問と回答

コモンズ投信 伊井です。
8周年イベントの運用報告の部では事前と当日に多くの質問を頂きました。
当日取り上げられなかった質問への回答、そして当日参加できなかった皆さんにも順次ここで共有させていただきます。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

質問:『コモンズ30ファンドは長期投資ファンドですが、企業の業績が悪くなるときやトラブルを起こした時は、売却をしないのですか?』

回答:長期投資の時間軸の中では、当然、企業はコンディションの良い時も、悪い時もあります。
また、時にはトラブルを引き起こしたり、巻き込まれたりもします。人間も企業も同じです。どうでしょう、人間を考えても人生で一回も失敗のない人と、過去に沢山の失敗や苦労を乗り越えて成長してきた人。どちらも素晴らしい方と思いますが、コモンズ30ファンドでは後者に投資するケースが多いイメージです。

そのような投資方針においては、コンディションの悪い時、トラブルを起こしているときほど、企業との対話が重要になります。
コンディションが悪いから売る、トラブルを起こしたから売るでは、とても短期的な視点です。
コンディションが悪くても次の回復時のサイクルでは業績のボトムを切り上げる、あるいは長期的には企業価値の向上のトレンドの中の一時的な落ち込みと判断が出来れば保有を続けられます。

その見極めを行うためにも対話は大切になりますし、危機時の対応ではその企業の「見えない価値」もよく分かります。こうした企業と対話するとき、10年後、20年後から振り返って今は投資を続けるかどうかを考えることを大切にしています。

一昨年、海外の大手公的年金の方に、当社の投資委員会メンバーが面談する機会をいただきました。「長期投資のファンドの組み入れ銘柄でトラブルが発生した時にはどう対応していますか?」と質問したところ、「フォルクスワーゲンなどのケースが該当するが、私たちのトラブルを起こした企業に対するファーストリアクションは、セルではない。対話だ。」と話されました。「3年間対話を続け、それでもダメだと判断したときは売却する」とも。
まさに、“我が意を得たり”でした。
つまり、コモンズ30ファンドは、単純に長期保有を続けるファンドではなく、長期投資の視点で定点観測を続け、企業価値向上のイメージが持てれば保有を続ける姿勢を大切にしているわけです。その為にも緊張感のある企業との対話を大切にしています。



質問:『トランプ政権になって政治、経済に混乱が生じているように見えるが、コモンズ30ファンド、ザ・2020ビジョンの投資方針などに変化はないですか?』

回答:私は、今を、行き過ぎたマネー経済や資本主義の修正がリーマンショックを起点にして起こっている最中と考えていますが、現在の環境においても、「コモンズ30ファンド」「ザ・2020ビジョン」ともに投資方針は変わりません。

では、この不確実な環境をこの2つのファンドはどのように乗り切っていくのかですが、まず、コモンズ30ファンドは、外部環境の変化に強い企業を厳選して投資していますので、企業自身がこの荒波も乗り越えていくと考えています。リーマンショック、東日本大震災、75円の超円高も乗り越えて成長を続けている企業は、この大きな時代の変化も対応できるはずです。事実、トランプ政権誕生からの4カ月の間だけをみても、「信越化学」、「堀場製作所」、「ダイキン工業」、「マキタ」が上場来高値を更新しています。

本来、外部環境の変化を短期的に吸収して成長の機会に変えることは(企業にとって)難しいことです。しかし、5年、10年のスパンで考えれば変化に対応できる企業はあり、そんな企業にわたしたちコモンズ投信は投資出来ていると考えています。

一方のザ・2020ビジョンは、運用部長の糸島を中心とした運用チームが、環境の変化を見極めダイナミックな運用を行って、この不確実な環境を乗り越えていきます。「変化」をキーワードに投資対象を選別しますので、トランプ政権での影響を分析し、機敏に銘柄選択を行います。また、市場の動向にも注意を払い、株式の組み入れ比率も大胆に変化させることも行っています。

タイプの違う2つのファンドではありますが、外部環境の変化からお客さまの資産をしっかりと守り、直実な資産の成長を心がけて地道な調査を続けていることに変わりありません。



どうぞ、今後ともご期待ください。

~∞~~∞~~∞~~∞~~∞~~∞~~∞~~∞~~∞~~∞~
コモンズ30ファンド、ザ・2020ビジョンの運用報告動画がアップされました!
下記URLよりご覧下さい。

「コモンズ30ファンド」第8期(2016年)運用報告
「ザ・2020ビジョン」第3期(2016年)運用報告 

その他のコンテンツも順次アップ中!

先日「認定NPO法人」となり新たなるスタートを切ったコモンズSEEDCap応援先3keys。
イベントでの森山さんのスピーチ動画はこちら。

イベント当日の写真コモンズ投信のFacebookのアルバムも是非ごらんください。雰囲気がよく伝わる写真をたくさん撮っていただきました。

2017年3月24日金曜日

夢を膨らまして、つなげよう!

こんにちは。渋澤健です。 今日の休日は、ごゆっくりされたでしょうか。

私は、HAPPYな一日を過ごすことができました。東京の日比谷公園で開催されたHAPPY DAY TOKYOコモンズ投信はブースを設け、風船を膨らまして、夢を描いていただき、他の夢とつなげけることをお呼びかけしました。


うれしいことに、大勢の小さなお仲間たちが立ち寄ってくださり、たくさん、たくさんの夢を膨らまして、つないでいただきました! 



こんな感じでどんどんと夢がつながっていきます。


みんなの夢が叶うと良いですね! (^^♪







大人たちも、結構、楽しませていただきました!








このように、笑顔をたくさん、たくさん世の中につくる運用会社になることを目指しているコモンズ投信を引き続きどうぞよろしくお願いいたします! Share the Vision!




2017年3月20日月曜日

つながりに感謝! コモンズ投信8周年ダイアログ

おはようございます。渋澤健です。 土曜日(12日)にコモンズ投信8周年ダイアログを開催しました。大勢の方々のご参加のおかげで、充実した、とても素晴らしい一日を過ごすことができました。心より御礼を申し上げます!

今年は、初めての試みとしてコモンズ30ファンドザ・2020ビジョンの報告会を合わせて午前中に行ってから、午後のもりだくさんのイベントへと展開しました。


午後のオープニングには長年の念願が叶い、コモンズ30ファンドの投資先であるユニ・チャームの社長の高原豪久さんの基調講演を実現することができました。


2017年3月13日月曜日

コモンズ投信「企業価値研究会」-SDGs

おはようございます。渋澤健です。


コモンズ30ファンドの投資の理念は「30年」「30社」「対話」でありますが、その実践として、「30年」が象徴する持続的な価値創造を「30社」投資先企業にお呼びかけして、「対話」をするコモンズ投信「企業価値研究会」を去年から設けています。先週は、その二回目を開催したところ、ほとんどの企業からお返事をいただき、当日は日程の都合が良くて参加された企業は約半分の14社でした。


当研究会は、基本的に企業の非財務的な「見えない価値」の見える化について意見交換することを目的としており、今回のテーマはSDGs(持続可能な開発目標)でした。


2015年に開催された「国連持続可能な開発サミット」で掲げられた2030年までの「持続可能な開発目標(SDGs)」は、2000年から2015年まで適用されたMDGs(ミレニアム開発目標)とは異なり、先進国が途上国を援助する開発目標ではなく、先進国自身も含む持続的な経済開発の目標です。

MDGs8つの目標にまとまっていましたが、SDGsでは全部で17の目標と169のターゲットもあります。大企業であっても、中小企業であっても、一個人であっても、SDGsに取り組むことができる莫大なメニューです。

研究会では、UNDP(国連開発企画)駐日代表の近藤哲生さんに冒頭にSDGsについて講義をお願いしました。MDGsのように専門家の行動目標ではなく、SDGsは全ての人々の成果目標であり、政府だけに持続性という世界的課題を任せるのではなく、民間も意識的に取り組むべき共創という内容のお話しをいただきました。



その後、各社のSDGsの取り組みのディスカッションの時間を設け、その活動を企業価値へとつながる見える化の工夫を共有しました。


今回は、企業のIR担当、CSR担当のご参加をいただきましたが、CSR担当であればSDGsは毎日の仕事で考えていることです。一方、IR担当の場合、日本の機関投資家はもちろんのこと、欧米大手のESG系の投資家とのミーティングであっても、話に出るほとんどの内容は「G-ガバナンス」であり、「E-環境」 「S-社会」への取り組みについて聞かれないということのようなので、日常のお仕事で使わない部分の頭の体操になったと思います。

コモンズ30ファンドを「ESGファンド」と掲げたことは、設定来の8年と間、いままでありません。でも、「30年」目線の企業の持続的な価値創造を投資対象にすることと、ESGの関係はかなり重なっています。

コモンズ投信は世界的にESG投資家として有名なわけでもありません。しかし、他の有名なESG投資家が「G」に関する対話が多いのであれば、我々はSDGsのように「E」「S」について長期投資家として対話のテーマにすることは意味あると思います。世界的には「メダカ」のような存在ですが、メダカであるからこその動きができるはずですから。

価値を創る。仮に経営者であろうが、従業員であろうが、取引先であろうが、顧客であろうが、社会であろうが、株主であろうが、そして、「株価」であろうが、価値を創ることにはメリットがあり、つながる共通の接点になるでしょう。
2017年3月6日月曜日

渋澤より皆さまへ|The 8th Commons Dialogへの想い

こんにちは。コモンズ投信 渋澤です。
3月に入り、春の訪れが待ち遠しいですね。

3月11日(土)コモンズ8周年イベント
「The 8th Commons Dialog~共に創る"対話"の時間~」では私の永年の念願であったユニ・チャームの高原社長とのトーク・セッションが実現します。

冒頭、高原さんからの基調講演に続き、たっぷり時間をとって対談させていただきます。
ユニ・チャームの持続成長の航路を描くために持っている世界観を色々な側面からお伺いできることをとても楽しみにしています。

「ユニ・チャーム」という同じ船に乗っている役員・社員に対して高原さん自身が実践していることなども掘り下げて伺っていきます。

さらに「企業との対話」の時間では、コモンズ30ファンドの投資先企業から東レ・日東電工にご参加いただきます。

コモンズ投信は、創業以来、この”対話の場”を大切にしてきました。

なぜかというと、コモンズの投資先企業とは、記号や株価でなく、そこにはリアルな人間が働き、チャレンジし、不安に直面しながらも、希望や喜びを見出しながら進化し続ける生き物で、コモンズのファンドを持っている皆さまには、このような対話の場を通じて、「こんな“人”たちが働いている会社に投資している」と感じていただけると思うからです。

また、私たちコモンズは、皆さまから長期投資を託されているんだということを改めて認識する場とし、原点を再確認して、現状を踏まえ、これからの発展の追い風にしたいと考えています。

遠方やご都合で当日参加できないという方々には、後日、動画やレポートでしっかりこの場のご報告をさせていただきます。

私自身、長期投資を実践していく仲間として、皆さまとこの場を共有していくことをとても楽しみにしています。

お時間が許せば、ぜひ会場に足をお運びください。

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*
The 8th Commons Dialog~共に創る"対話"の時間~
日時:3月11日(土) 10:30~17:30(受付開始 10:00)
場所:東京都中野区(コングレスクエア中野)参加費無料
http://www.commons30.jp/8th/
*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*

2017年3月1日水曜日

ホンキの長期投資による資産づくりを語る草食投資隊

おはようございます。 渋澤健です。先週の金土に東証IRフェスタ2017が東京国際フォーラムで開催されましたが、初日の午前中に朋友のセゾン投信の中野晴哲さんとレオス・キャピタル・ワークスの藤野英人さんと2010年に結成した「草食投資隊」のトーク・セッションを設けていただきました。

長期投資を日常生活の「文化」として日本全国へ広めたい。そんな想いで、独立系運用会社の代表の三名が意気投合して始まった活動ですが、7年間を経て素敵な友情、そして良きライバルの関係を築けたのも、草食投資隊を支えてくださる全国の皆さんです。当日も、平日の日中に関わらず、草食投資隊の応援団が前列の席に駆けつけていただいたとは、本当にうれしい限りです。


当日は、会場でただステージを渡されただけで進行の司会は無し、事前の打ち合わせもほぼゼロという状態でしたが、長年、一緒に登壇しているだけでお互いの呼吸が身についているので、まるでジャズ・セッションのような楽しいライブ感に溢れたセミナーでした。

「ホンキの長期投資」とは
・価格を追うのではなく、価値に投資をすること
・価値創造の当事者であるという意識を持つこと
・「つみたて投資」を通じて時間とは自分の大切な資産である自覚を持つこと
などなど、本質を満員御礼の会場でお伝えすることができました。

また、「資産づくり」とは
・「お金」持ちになることではなく、「資産」を持って活用すること
・「利確」を眼中に常に置くようでは資産づくりはできない
・今の自分の利益だけではなく、子どもの成長を育むような視点も必要
などなども、ご来場いただいた皆様へお送りしました。


一時間という短い時間で、「草食投資隊」のセミナーへご参加された方々が多かったと思いますが、皆さんのお顔の表情を拝見すると、我々三人の長期投資へのホンキ度が伝わってようです。とても、うれしく思います。
2017年2月27日月曜日