19,000円を突破した日経平均株価は高い?

コモンズ投信 伊井です。


本日(9日)、日経平均株価は年初来高値を更新し、19,000円を超えてきました。

わっ、高い!と思われる方もいらっしゃると思いますが、昨年の12月1日は20,012円を付けていますし、今年の大発会のスタートは18,818円でした。

先月のメルマガでも書きましたが、トランプラリーは海外投資家が主導し11月第2週から11月末までで現物株を1兆2千億円近い買い越し、先物でも1兆円強の買い越し、一方で国内個人投資家は1兆1千億円強の売り越しとなっています(東証・大証データより)。

まさに、海外投資家の大量買いと国内個人投資家の大量売りの構図です。ようやく買い値を超えてきたから売ろう、、、という方が多いのでしょう。

こうした「価格」を見ての売買もありますが、一方で〝積み立て投資″をされている方はどうでしょうか。

例えば、先の日経平均株価を例にとりますと、年初の18,818円で始まり、2月と6月には14,952円の安値をつけて、トランプラリーで19,000円に戻ってきています。価格だけをみていますとジェットコースターのような一年だったかもしれません。

しかし、積み立て投資はこうした局面こそ威力を発揮します。

積み立て投資を計算式であらわすと、
毎月の積み立て金額(一定)=価格(基準価額)×数量(口数)となりますから、日経平均株価でみると株価(価格)が高いときは、それに見合って買い付ける数量を少なく調整し、株価(価格)が安いときには、逆に数量を多く買うように調整してくれます。

つまり、安い時には沢山買えて、高くなると少ししか買わないので、保有コストは株価上昇の影響を緩和してくれます。実際に、積み立て投資をされている皆さんとお会いすると、株価が上がろうが下がろうが、それほど気にせずに楽しまれている様子です。
(積み立て投資についての解説ページ→ http://www.commons30.jp/learn/step3/#step3-2

さて、トランプラリーは、米国国債(長期金利)や、為替(ドル/円)でも目を見張る動きをしています。

米国国債10年物の金利動向を見てみますと、7月に1.3%台だった利回りは現在2.5%近辺まで大きく上昇し、ドル/円は大統領選挙時の101円台から115円手前まで来ています。

このように世界の金融市場の景色は大きく変わりました。

こうした大きな変化の中でタイミングを取っての売買は難しいと思います。
それよりもこうした大きなうねりを乗り越えていくためには上記の積み立て投資が最適です。
目先の相場に一喜一憂することなく、積み立て投資で長期的な資産形成をエンジョイしていきましょう。

引き続き、大きな潮目の変化のときこそ、是非、セミナー他コモンズからの情報発信にご注目ください。

**NISA口座でのご購入について**
本年(2016年)分のNISA枠内でのファンド購入は12月28日(水)15時の申込みが最終となります。
※12月29日(木)申し込み分より、来年(2017年)のNISA枠となります。

2016年12月9日金曜日

サイバーダインスタジオ訪問ツアーレポート②

ツアーレポート①はこちらからお読みください。


前半のスタジオ見学、HALの原理体験を終えた後は、CFO宇賀様のプレゼンとチーフポートフォリオマネージャー糸島との対談です。


宇賀様には「サイバーダインが創りたい未来」というタイトルで20分程度のプレゼンを行っていただきました。

冒頭、「サイバーダインの将来に向けては、今ある技術をどう伸ばすか、ではなくて今後起こる高齢化(社会課題)に対してどんな技術が必要になるかを考え、技術をあてはめていく」というお話からスタートしました。

また、HALについては、既に利用が進んでいるドイツでは、運動機能を失った患者さんが、HALをを装着してリハビリ”治療”を行ったことによって、今ではHALを外した状態で歩けるようになるまで回復したという事例が動画を使って紹介されました。

単に身体を補助するのではこうはいきません。脳からの信号をしっかり四肢に伝える機能を回復させること、がHALの技術なのです。

また、サイバーダインは単にこうした機械の開発にとどまらず、国際規格の標準化に向け政策的な取り組みも行っているというお話もありました。

その他の製品群の紹介としては、腰に巻きつけて使うことによって重い荷物を運ぶ建設現場などで活躍するロボットや、同様に介護施設などで介助者が利用できるロボットの紹介もありました。
建設現場では、労働者の高齢化が進んでおり、これから急速に人手不足が予測される分野です。
こうした状況下で足腰の負担を大きく軽減する補助ロボットの普及が望まれます。


さらには、今後、HALを使った医療行為に適用できる保険の開発を想定したAIGジャパンとの提携
のお話もありました。高齢化は日本が一番進んでいますが、世界の先進国がすべからく直面している課題でもあり、AIGというグローバルで保険事業を展開している企業との提携はそうした世界を見据えたものと言えるかもしれません。

加えて、なんとサイバーロボットは清掃ロボットの開発まで行っておりました。
建物の内部の形状をセンサーで記憶し、自分で地図化して、自分で自由に動く(ルート設定などを自ら行う)ことができるというロボットで、この春から羽田空港に採用されているそうです。

さらには再生医療分野にも同社は研究開発の域を拡大しています。
なぜ、そこまでやるのかということですが、脳から電気信号さえも流れないような重度の(脊髄損傷など)患者さんに対して、その神経細胞を再生させるという取組を京都大学や慶応大学と組んで行っているそうです。ただ、神経細胞を再生させただけでは実際には機能しないのでそこにHALを組合わせていくという構想だそうです。

その他、HALをはじめとするサイバニクス技術を活用した革新的な製品(医療用・福祉用、介護作業用、バイタルセンサーなど)を創出して「重介護ゼロ®社会」を実現すること、そしてそれらから生み出されたビッグデータを自ら開発するスーパーコンピューターで解析することで、政府が10年後の実現を目指す「Society 5.0(超スマート社会)」においてサービスプラットフォーマーとしての地位を確立することなどのお話がありました。

専門的な話もありますが、とてもわかりやすく具体例を挙げてご紹介いただきました。


続いて、糸島との対談です。


最初、糸島からは直球の質問です。
「目先のサイバーダインの株価の動向はアメリカでHALが承認されるかにかかっている。個人的には来年の半ばごろではと思っているが」という問いがありました。
すでに提出すべき書類はすべて提出済みで、今後はどういった分野で承認されるかが年明けぐらいから見えてくるのでは、という回答がありました。

その後は、AIGとの提携の話や、バイタルセンサーの開発などがどのように会社の利益につながっていくのか、という点、さらには国内でのHALの稼動状況など少し足下の質問もさせていただきました。

AIGとの提携やバイタルセンサーの開発は"未病"(予防医学)という領域への活用というお話でした。

最後に、糸島からは、首相官邸主導で進められている「未来都市会議」でも取り上げられている高齢者の自立支援を例に、サイバーダインが今後、社会でどのような役割を果たしていきたいかという質問をさせていただきました。

ここでは、宇賀様がプレゼンの冒頭お話されていた、「今ある技術をどう伸ばすか、ではなくて今後起こる社会課題に対してどんな技術が必要になるかを考え、技術をあてはめていく」ことが改めて説明されました。山海社長は常日頃、「社会の役に立てばなんでもいい」とおっしゃっているそうで、自分たちの技術を社会に役立てたいという強い想いをお聞かせいただきました。

この後、会場からも質問を受け、すべてに真摯にお答えいただきました。



非常に専門性の高い話ながらも、宇賀様にはとてもわかりやすくご説明いただきましたし、参加された皆様も熱心に聞き入ってくださいました。

終了後の感想では、
・サイバーダインの未来を知ることができ、今後高齢化社会において、活用できる技術を開発、製品化のノウハウを所有しているユニークな企業と感じました。
・技術が世界でもトップであること。技術の向上だけでなく、ガバナンスがしっかりしていること(がわかりました)。
・大変参考になりました。高齢化する日本に明るい未来をもたらす数少ない会社だと確信しました。

といったお声を頂きました。

またこちらのツアーについて、アナリストの視点から、ザ・2020ビジョンの月次レターでもご紹介しています。


最後に、今回のツアーに参加頂いた皆さま、ご協力頂いたスタジオの皆さま、宇賀様、本当にありがとうございました!



2016年12月8日木曜日

家計の公式を変える

こんにちは、横山です!

積立NISAが20年間で決着しましたね。
(※積立NISAってナニ?という人はページの一番下にあります)

国も1円でも多く取りたい税金をがまんして国民の長期コツコツ資産づくりの応援をしてくれようとしているのですね。

先日つみたて1-2年の壁というコラムを書きましたが、今日はその続きです。

つみたての減額や中止の書類についているアンケートを見たところ「運用にまわせる資金が減った」という回答が多くありました。

「運用にまわせる資金が減った」は分解すると「収入が減った」と「支出が増えた」のどちらか、または両方ですが、

改めて、これからの世の中
「給料は増えない」
(むしろ減ることがあるでしょう)
「家計の支出は経過時間とともに増える」
(家族が年をとれば教育費や介護費も大きくなっていくんです)

これが普通の状態だと受け入れて「資産づくり大切さ」に気づかなければと思います。
自分のことは自分で、将来のために今可能な限り、計画的に、やらないといけません。


今の世の中
収入-生活費=余ったお金で運用
という考えは一刻も早く捨てて、これからは当たり前に

収入-運用=生活費

という公式に変える。運用は固定費です。(と私は思ってます)

固定費化する手っ取り早い方法は自動的に積立投資をする仕組みを作ってしまうことです。
給料天引き、口座引き落としなど、どこの金融機関でも投信で積立できるサービスがあります。(コモンズにもあります

この文章の冒頭に戻りますが、国も新しい税の優遇制度を作って「長期」「分散」「つみたて」でしっかり資産を作ってくださいというメッセージを出しています。

努力なしに資産が作れないのをいつまでも人のせいにはできません。


※積立NISA・・・活力ある資本市場と家計の安定的な資産形成の実現のため、手元資金が十分でない若年層等の資産形成を促進するためにも、少額からの積立・分散投資に適した「積立NISA」を創設。年間投資上限額:40万円、非課税期間:20年間。長期・分散投資のメリットを十分得られるよう、現行NISAよりも年間投資上限額を小さくする一方、非課税投資期間をより長期とした税の優遇制度です。


2016年12月7日水曜日

コモンズ30塾 コモンズ30ファンド投資先企業【株式会社 資生堂】から学ぶ その③:資生堂の美

コモンズ30塾 投資先企業「資生堂」から学ぶ第3弾!
*第一弾はこちらからどうぞ
*第2弾はこちらからどうぞ

最終回の今回は、副島さんがセミナーの最後にいろいろとわたしたちのご質問に答えてくださった一部をご紹介します!


まずは会長渋澤が、ずっとお聞きしたかったことを質問させていただきました。

「ひとつぜったい、聞きたい質問があったんです。
資生堂のミッションは、『美しい生活文化の創造』というお話がありました。 
資生堂の考える 全役職員が感じてる美ってなんでしょうね?」と会長渋澤。

そして副島さんは、「美とは、ポズティブなメッセージ」とお答えになりました。

「美とは何か。。。これ、とっても深いテーマですよね。難しいですね。
美っていろいろなものに形容詞としてつきますよね。
物にも、考え方、生き方にもつきます。

わたしには、とても感銘を受けたフレーズがあるんです。
「化粧というのは、総合的なメッセージ」
まさに美とはメッセージだと思いました。
そして更には、美とは常にポズティブなものを表現する時に使わるので、美とは人を幸せにするものなのだとも思います。
そして美しいと思う価値観は人それぞれですから、個と向き合って多様な価値観に応えていくことがわたしたちに求められていることなのだと思います」。



会場からも次々と、質問が寄せられました。

「企業において女性の活躍を実現することに必要なことは何か!?」
副島さんは、ひとつこれは欠かせないということを挙げられました。

それは、「企業のトップが動くこと。これは絶対条件です!」

実際資生堂の現社長魚谷氏は、精力的に動いていらっしゃり、その動きは社内にとどまることなく、他社企業のトップ陣への働きかけも自分の使命、資生堂の役割とばかりに努めてらっしゃいます。

管理職の男女比はどうですか?
「資生堂でも、まだどこの部の管理職も男性が多いです。
特に研究部門 工場部門。
でも女性管理職活用に向けて、どう育てていくのかを考えていく必要があると、現在プランを作って実行しています。育成の姿勢を実現することで、これから先に着実につながるはずです」。

働きがいのある会社になって変わったことはなんですか?
「社員のモチベーションが変わりました。企業はやはり人でできています!
モチベーション、誇り高く、社員が働けているかが本当に大事です。
そして人は成果が出ているとモチベーションに繋がりますね」。


そして副島さんは言います。
「今、社会、お客様の変化の速度がすごく早いと感じています。
予測の通りにはいかない時代。
今日の延長が明日、という時代ではありません。
変化の波にいかにのっていくかは、生活者をいかにとらえていくかです。
これからの仕事でキーワードとなっていくのは、スピードと変化ですね」。

副島さんご自身が今のポジションにあることのきっかけは、転勤をしたことだったとおっしゃいます。
そもそも地元から出るつもりなくBCをしていた副島さんは、ある時東京で2か月の研修を受けたことで人生が変わります。
メイキャップがとても好きだったこともあって、新たなるチャレンジに飛び出しました。そしてその挑戦で自分が大きく成長をしたことを実感した副島さんは、ずっと断ってきた転勤を受けることにしたのです。

そんな副島さんに、次の時代に担う女性たちへのメッセージをいただきました。

まずは新しいことに果敢にチャレンジすること。
安定志向に陥りがちですが、今は世の中どんどん変わっています。
止まっていることは後退すること意味することになったり。
前々に進んでいく必要があります。

そしてそのために、なるべく早い時期から自分が何をするのかしたいのか
自分の軸みたいなものを早い時期に持つ必要があると思います。

また企業自体は、社員ひとりひとりに「関心」をもつことが大事である、と。
それぞれの働き方に対応することが必要な時代がもう少しでやってきます。
社員ひとりひとりに関心をもち、コミュニケーションをとり、そして社員ひとりひとりにとって働きがいのある会社になっていくこと。

それが資生堂が導き出した「企業としての美」「企業としての強さ」を追及することのひとつなのだと、副島さんのお話から、この日の参加者の方々と共に同社の「見えない価値」を感じることができました。

貴重なお話をありがとうございました!

マーケティング部
馬越裕子


2016年12月6日火曜日

共感が呼ぶ、、、欲しい未来

おはようございます! 渋澤健です。 土曜日は、大阪で開催されたFRJ関西2016に参加しました。私が理事として務めている日本ファンドレイジング協会関西チャプターが企画運営した初めてのFRJ(ファンドレイジング・ジャパン)の大イベントです。笑顔と笑い声が多く、良いエネルギーが循環している会場でした。


2016年12月5日月曜日

生活者としての女性の強さ

こんにちは、横山です!

世の中、生活、お金、全てひっくるめて、女性が力強くしたたかに生き抜くヒントを見つける女子会が明後日名古屋で開催されます。(女子会というには少々年齢が、、)

近頃、コモンズでも『女性限定』や『女性をメインターゲット』にした投資セミナーやイベントのご依頼を何件か続けていただいています。コモンズ投信マーケティング部の妙齢女性3名によるトークセミナーもその一環です。

働き始めて、結婚をして、こどもを生んで、こどもの手が離れて、こどもが独立して、定年と共に給料から年金に変わり・・・もしかするとその間に、転職したり、自分や家族が病気をしたりもするかもしれません。

次のステージに進むごとに葛藤と決断があり、その時々の生活があるわけです。

こういったことは、もちろん女性に限定した話ではないのですが、女性は往々にして価値観を揺さぶられる人生の岐路に、わりと早くから、しかも何度も直面することもあって男性よりも精神年齢が30才も上だという話を聞いたことがあります。

数十年前と比べても女性の役割がドラスティックに変わっていくなかで、
女性は生き物として強いなぁ、としみじみ感じます。

敏感に社会の変化を感じ取って、
居心地のよい女性のコミュニティや集まりを作って情報を共有し合い、
有効だと思えば、すぐ取り入れて、したたかにしなやかにどんどん適応していく。

やはり生活を担う女性たちの内に秘めたる力はすさまじく

女性限定セミナーのご依頼が多いのはそんな背景なのだと思います。

女性の『生活を守る仕組みとしての投資』ももうすぐそこまで来ているような予感です。


女性セミナーのオファーなどお気軽にこちらからお問合せください


2016年12月2日金曜日

いいもの、みんなで。

こんにちは、横山です。

今日はクチコミの話。



金融商品や投資というと「お金のことは話しにくい」「結果に責任が持てない」「説明できない」「内緒にしておきたい」などの理由で紹介するのを敬遠されそうに思いませんか?

しかし、コモンズ投信に新規に口座開設をされるお客様の実に3割以上(多い月は5割近く)が「ご紹介」で、取引動機の中で一番多いのです。

このギャップはなんでしょう?

お金のことは人生を生きていくうえで、大切なこと、必要なこと、そしてセンシティブでもあることは間違いないと思います。

でも、おいしいお店も、美容法も、お役立ち情報も。人間、「いいものは教えたい」という本能があるのではないかと。


実感として、私は投信つみたてをはじめてよかったと思っています。
将来の生活(お金)がなんとなく無計画で漠然とした不安をかかえている状態が解消されました。
これからも投信のつみたてで給料の一部を将来のために蓄えていって、必要になるだろう年齢のときにはある程度資産ができている。
毎月着々と貯めて、それをしっかり殖やしているから、つみたてとともに時間が経過し、年を重ねるのが楽しみでもあります。
銘柄も時間も分散しているので、私は個人的にはリスクもほとんど気になりません。

個人の資産づくりにおいて「投信つみたて」は本当におすすめです。
世の中の家計を担う全員にまずは知るだけでも知ってほしいと思っています。
(ここまで、個人の感想でもあります)


私はコモンズで働いているので、上のような個人の感想も営業っぽく聞こえてしまうのかもしれませんが、それはさておき、

冒頭に書いたギャップは、やはり実はお客さまも、皆さん(本能に従って)
「いいもんだよ(きみもやってごらんよ)」とまわりの人に言ってくださっているのではないかと。

もちろん身近な人(家族)の紹介が多いです。
そして知人友人のご紹介も同じくらい多いです。

ということで、

今年も年末のご紹介キャンペーン『贈る喜び』を実施致しますし、

引き続き、みなさまの
ご家族、ご友人へのオススメ・ご紹介、大大大歓迎です!

いいもの、みんなで^^


横山でした!
2016年12月1日木曜日