しまじろうの母にお会いして〜コモンズ30塾 女性の活躍セミナー 投資先企業 ベネッセHDから学ぶ〜

こんにちは!マーケティング部うまごえです。

今月はじめに、なんとあの「しまじろう」の母にお会いすることができました!
コモンズ30塾の投資先企業から学ぶ「女性の活躍セミナー」シリーズに、ベネッセHDより人事担当本部長 CHO 兼 ワークライフマネジメント・ダイバーシティ推進室長の岡田晴奈氏をお迎えすることができたのです。


うまごえのこどもたちが小さかった時に大変大変お世話になったあの「しまじろうのパペット」の開発に関わり、中国、韓国への導入にも尽力された岡田氏。そして第一線で活躍されながら、ご自身、2子の子育てもされてきた経験のある女性です。

そんな岡田氏がお話の冒頭でこうおっしゃっていました。

「女性の活躍、活躍と言うのですが、少ししっくりこないな、と感じるところもあるんですよ」

男女雇用均等法がスタートする前から積極的に女性の雇用を行ってきた同社に入社した人物ならではの言葉かもしれません。

ベネッセは福武書店として始まり、拠点は岡山という地方都市。
ドリル 参考書の販売を行っていましたが、一度倒産も経験。
その後、学力模試などを展開していく中で、有能な人材を地方で確保するのが難しかったので、当初から女性も有力な戦力として、雇用されることが自然と始まった企業。

男女の平均勤続年数をみても、女性の方が若干長いそうです。
これはなかなかないケースではないでしょうか。

ワークライフマネージメントを重視するにはこだわりがあります。
ワークライフバランスというと、仕事も家庭も「まあまあ」なことになるのではないか。
人の誕生から老後まで一生に寄り添う事業を展開するベネッセは、同社で働く人材をも「宝」と考えます。
そして、ひとりひとりの能力を引き上げるには時間がある程度必要と考え、それぞれの人生の過程において、家庭に比重をおく必要のある時は家庭に。仕事に集中できる時期がきたらまたしっかりとコミットしてもらうという風に、人生をマネジメントしていくことを大切にしています。





この日の参加者には様々なバックグラウンドをもつ女性陣が参加してくださっていました。産休に入った女性、これから結婚、出産を考えている女性。これから次世代をバックアップしていこうという世代。またこれから社会に出て行こうという大学生。

そしてそんなメンバーでグループディスカッションをしました。

テーマは、「ベネッセホールディングスにみる『みえない価値』とは」。。。

グループごとに発表していただき、ディスカッションの中から出てきた質問もしていただきました。

なかなか興味深い内容です。

さて、その内容は、次回に。。

どうぞお楽しみに!