お金にはどんな使い方があるでしょう?

お金にはどんな使い方があるでしょう?
おやつを買う?貯金する?他にはどんな使い方があるかな?

お金には4つの使い方があります。
「使う」「貯める」「寄付する」「ふやす」です。



*お金を使うときに大切なことは、本当にほしいかよ~く考えること。
アレもほしい、コレもほしい、欲しいままにどんどん使っていったらお金はすぐになくなってしまう。

*お金を貯めるっていうのは今ほしいものを少し我慢して、少し先にとてもほしいものを買うこと。
とても欲しいからといって、人からお金を借りてはいけない。
人からお金を借りたら後で自分がほしいものが買えなくなってしまうから。

*お金を寄付するという使い方もある。
困っている人、応援したい人を自分の代わりにお金で手伝うこと。
たとえば100円あればブータンのこども10人分の給食を買うことができる。
何もかも我慢して寄付をするのがいいと言っているわけではないよ。
でもお金を使うときには、そのお金でできること、お金の価値をしっかり考えて使おうね。

*4つめの使い方はふやす。
使う(マイナス)なのにふえる(プラス)ってどういうこと?!
お金が育つってどういうこと?
ためるとふやすはどう違う???

お金は「成長するものに代えておくとふえる」、これを投資と言います。
成長して価値があがる、というのが”お金が育つ”のからくりです。

ただ、忘れてはいけないポイントがあって
成長するものに代えておく間、「栄養」「愛情」「時間」を注ぐ(かける)こと。

そうすれば大きく大きくお金が育つっていうわけ。


・・・「栄養」「愛情」「時間」を注ぐ(かける)のは企業活動そのもの。
・・・そして、企業と共に歩むコモンズ投信の運用スタンスにも直結する考えです。

4/6(土)に開催された10周年コモンズフェスタでは
メイン会場でおとなが聞いていることと同じ内容を
こどもたちはホワイエでお勉強していたのでした。

大きくなるには「栄養が必要」
大きくなるには「愛情が必要」
大きくなるには「時間が必要」

こどもたち、覚えてくれたかな?

※お金の教室はハッピー・マネー四分法の考え方をベースにして作成しています。